ゴゴスマで相次ぐ暴言…「人選に責任ある」と制作側に非難も

東国原英夫氏(61)が8月29日、「ゴゴスマ~GOGO!Smile!」(TBS系)に出演。コメンテーター・金慶珠氏(52)に対して「黙ってろお前は!」と激昂する場面があった。ネットで物議を醸している。

 

番組ではこの日、日韓関係の悪化について特集していた。文大統領の支持率が45.7%ということに対し「就任以来、最低の数値であるのは間違いない」とコメントした金氏。輸出規制などに対して文大統領が協議を働きかけてきたが、「テコでも動かない強硬姿勢を日本が示してきた」と発言。そして文大統領について「強硬姿勢を国内でさらに示さざるを得なくなったのでは」と推測した。以降も金氏のコメントを中心に番組は進行した。

 

その後、司会・石井亮次アナウンサー(42)から“日本のやり方”に意見が求められた東国原氏は「毅然としていいと思いますよ。70年これまでずっと我慢してきましたから」と持論を展開。「徴用工の判決ですよ。1965年の日韓基本条約、アレに国際法を無視して覆すってことですから。これはやっちゃいけないこと」とコメントした。さらに「日韓合意もそうですよ、慰安婦問題もそうですよ。朴槿恵政権が締結したんでしょ。政権が変わるごとにね、いつまでなんだということですよ」と話し、「韓国の価値観というのは、法と正義が日本では違う」と発言。そして、こう続けた。

 

「日本は法について従順じゃないですか。あの方達は正義だったら法律変えていいと思っていますから。正義だったら法律を破っていいと思ってますから」

 

そして金氏が口を挟もうとしたところ、東国原氏はこう声を荒げた。

 

「黙ってろお前は!黙っとけ。この野郎、しゃべりすぎだよ、お前は」

 

続けて東国原氏は「僕、あの人が来たらね、今日欠席してる。事前に言ってよ、今度ね」と話した。石井アナが「穏やかにいきましょうね、穏やかに」となだめところ、東国原氏はこう語った。

 

「いやいやいやいや、僕、気に食わないんですよ、あの人。あの人ね、韓国ではね、親日家の右派なんですよ。でも、日本に来ると左派反日系を装うじゃないですか。“ビジネス反日”と僕は言ってるんですけど」

 

金氏は「親日右派です。本当に私、親日保守なんだけど、そういう意味で私は東さんのことも大好きなんだけど」と訂正すると、東国原氏は「嫌いだよ、俺は!」と言い放った。

 

またコーナーの終盤で金氏が「東さんがさっきから目を合わせてくれない」と発言したところ、東国原氏はこうも語った。

 

「大人の対応をしてるだけ、僕が。ニッポンですよ、僕は。大人の対応をしてるんですよ。でもブチ切れそうなんですよ。今度は僕の方からGSOMIA破棄しますからね」

 

金氏と何度も共演してきたという東国原氏。放送終了後、Twitterで《何回か冷静に注意もしたのですが、全く是正する気無しみたいです》《彼女のテレビ出演にはストップウォッチを導入すべき》などとつづった。ネットでは《多くの視聴者も金さんにはフラストレーションが溜まっていたと思います》《金慶珠は他の人が喋ってるのに横から入って来て、その人の発言を遮って自分の意見を言い過ぎだし、しかもそれが長い》と支持する声が上がっている。

 

そのいっぽう金氏に「気に食わない」「ビジネス反日」などと声を荒げながらも、「大人の対応をしてるだけ」と弁明。そして「ニッポンですよ、僕は」と自らのスタンスを日本になぞらえる発言もした東国原氏にこんな声が上がっている。

 

《この男は恥ずかしくないのだろうか。テレビで同席してるコメンテーターに「黙ってろ」だの「ビジネス反日」だの。その人を貶めて罵倒する》
《自分の感情を撒き散らすだけのこの男は大人とは思えない》

 

同番組では27日に出演した、武田邦彦氏(76)の発言にも非難の声が上がっている。

 

武田氏は韓国人男性が日本人女性に暴言を吐き、髪をつかむなどの暴行を行なったというニュースについて「路上で日本人の女性観光客を、訪れた国の男が襲うなんてのはね、これはもう世界で韓国しかありませんよ」「日本男子も韓国女性が入ってきたら暴行しにゃいかないからね」と暴力を扇動するような発言をした。

 

そのため、東国原氏や武田氏を起用した番組側にも厳しい声が上がっている。

 

《武田といい、東国原といい、女性を標的に使って嫌韓を盛り上げようという卑しさ。もう目も耳も覆っていないと耐えられない》
《日韓がギクシャクしている時こそ、メディアは人選に気を配り、冷静な報道をして欲しいです》

関連カテゴリー: