綾小路翔 溢れるジャニーズ愛、憧れは光GENJIも母が入所阻止

氣志團・綾小路翔が9月15日、「氣志團万博2019〜房総ロックンロール最高びんびん物語〜」の2日目でジャニーズメドレーを歌唱。その愛溢れるパフォーマンスが、ネットで大きな話題を呼んでいる。

 

「氣志團万博」には同日、田原俊彦(58)と稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)が出演。その共演はジャニーズファンから注目を集めていた。

 

各メディアによると元SMAPメンバー3人の直後にフェスの大トリとして登場した氣志團は、「スペシャルメドレー」としてジャニーズの楽曲を10曲以上も披露。綾小路は光GENJIの「パラダイス銀河」や少年隊「仮面舞踏会」といった往年のヒットナンバーから、NEWS「チャンカパーナ」や嵐「Love so sweet」といった近年の楽曲も歌唱。さらにSMAP「俺たちに明日はある」でメドレーを結ぶと、ステージのモニターには「Thank you Johnny」と7月に亡くなったジャニー喜多川さん(享年87)への追悼メッセージが映し出されたという。

 

Twitterでは《ジャニーズメドレーやってくれて、号泣した。ジャニーさん、ここにもジャニーさんを愛した人がいますよ! 愛されちゃってるよ! 翔やん、ありがとう!!》《翔やんのリスペクトの気持ちがひしひしと伝わってきました きっとジャニーさんも喜んでると思います!!》《溢れる愛が伝わってきて胸が一杯になりました 有り難う翔やん!!》と綾小路のジャニーズ愛を讃える声が上がっている。

 

氣志團きってのジャニーズファンである綾小路。12年2月、音楽誌のインタビューで、“光GENJIに夢中になるがあまり、小学生の頃、ジャニーズに入所することを志した”と明かしている。しかし溺愛してくれた母親は突如ビンタをし、「お母さんはアンタのこと超カッコイイと思うし、超タイプ。でも、世間的にはそうでもないの!」と号泣。綾小路は「そこがこの今のサングラス人生に繋がっていくとこでもあるんですけどね」とも話している。

 

「ミュージシャンになってからもジャニーズへの憧れは変わらずで、昨年8月に出演した『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)では嵐とNEWSのファンクラブに入っていると明かしていました。ジャニーズメンバーのパフォーマンスはもちろん、その礼儀正しさといった“イケメンぶり”も綾小路さんが特に惹かれる理由のようです。SNSでもその愛をたびたび爆発させており、15年6月にはTwitterで《彼等にずっと夢を貰い続けています。胸の中の乙女が発動中》ともつづっていました」(音楽関係者)

 

綾小路はファンというだけでなく、タッキー&翼には「TINY PIRATES」「愛し尽くす 2016」という2曲を提供したこともある。そして昨年9月にタッキー&翼が解散となった際、《翼くん、早く元気になって下さい。滝沢くん、想像を遥かに超える世界に僕らを連れて行って下さい。お二人をずっと応援しています》とTwitterに投稿している。

 

また今年1月に嵐が活動休止を発表した際には《嵐は最高だ。どんな時にだって、何度だって惚れ直させてくれる、熱くて強くてしなやかで聡明なスーパー・グレイト・ハイパー・ボーイフレンド達》とツイートし、功績を讃えていた。

 

「綾小路さんがエールを送るのは、そうして分岐点に立ったメンバーだけではありません。NEWS・小山慶一郎さん(35)は昨年6月に未成年女性に飲酒を強要したと報じられ一時、活動自粛となりましたが、その際に綾小路さんは小山さんを家に招いたそうです。綾小路さんの奥さんも小山さんを心配していて、料理を振る舞って励ましたと聞きます。家族ぐるみでメンバーを思いやる姿は、メンバーやファンからも信頼が厚いです」(前出・音楽関係者)

 

入所できなかったものの、ジャニーズを陰から支え続けている綾小路。天国のジャニーさんも、いまやファミリーの“特別会員”として認めているかも!?

関連カテゴリー: