なぜまだ独身なの?「結婚できない男」最終回後に注目集まる

9月27日に都内で行われた、フジテレビ系ドラマ「まだ結婚できない男」の制作発表。主演の俳優の阿部寛(55)を始め、吉田羊(年齢非公表)、稲森いずみ(47)、深川麻衣(28)らが出席した。

 

2006年に放送された「結婚できない男」の続編で、13年ぶりの復活。阿部は偏屈だが憎めない独身男・桑野信介を再び演じる。

 

各スポーツ紙によると、阿部は「桑野を再現させていただきます。結構言いたいことを言う役なので、ストレスがたまらない」と再演を喜んでいるという。

 

「映画『テルマエ・ロマエ』やドラマ『下町ロケット』(TBS系)などで有名な阿部さんですが、『結婚できない男』は間違いなく代表作の1つ。前作のときは独身でしたが、08年に結婚してすでに2児のパパ。結婚したことが、独身男を演じるにあたってどう生かされているかも注目されます」(制作発表を取材した記者)

 

前作は放送回を重ねるたびに話題になり、視聴率は最終回が最高の22.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。全12話平均で16.9%を記録した。

 

その“原動力”となったのが、阿部演じる主人公と夏川結衣(51)演じるアラフォー女医との丁々発止なやりとりだった。だが今回、夏川の出演は発表されていない。

 

「前作の最終回は、まるで阿部と夏川の役が結婚したことをにおわせるようなエンディングでした。にもかかわらず、今回の主人公はまだ独身。ネット上では“夏川ロス”の声や、『なんでまだ独身なの?』と最終回後の展開を知りたいといった声が上がっています」(芸能記者)

 

放送スタートは10月8日。ファンの要望を満たせば、数字は伸びそうだ。

関連カテゴリー: