明石家さんまが大竹しのぶと対談!「いい元夫婦」と称賛の声

明石家さんま(64)が元妻の大竹しのぶ(62)とバラエティー特番『誰も知らない明石家さんま』(日本テレビ系)で共演すると、11月19日に日本テレビ公式サイトで発表された。17年12月に放送された『第3回明石家紅白!』(NHK総合)でも、大竹とデュエット披露したことがあったさんま。2人きりの対談ロケは初めてで、同番組は12月1日に放送される予定だ。

 

公式サイトによると「さんまの素顔に迫るサプライズロケ」をテーマに、“一人の男”としてさんまの知られざる一面を掘り下げるという。ディレクターもいないなか、さんまと大竹はゆかりある寿司店で対談。過去の大喧嘩話や、新婚当時の思い出話を披露するという。

 

SNSでは《これは絶対観たい!》《見ますよ!!!》といった声が上がっている。

 

さんまと大竹といえば86年に『男女7人夏物語』(TBS系)で初めて共演、88年に結婚した。89年9月には、IMALU(30)が誕生。だが、92年に大竹がIMALUの親権を持つかたちで離婚した。

 

いっぽう離婚したものの、さんまと大竹は27年間にわたりプライベートで良好な関係を築いてきた。18年9月に大竹の母が逝去した際も、さんまは大竹に寄り添っていたという。朝日新聞で連載している大竹のコラム『まあいいか』(2月1日付)では、息子の誕生日をさんまとともに祝う写真が。さらに大竹は《昨年9月に母が亡くなった時も、彼は真っ先に駆けつけ一緒に母を送ってくれた》と明かしていた。

 

また7月17日に誕生日を迎えた大竹は、インスタグラムにこんなエピソードも披露していた。

 

《元夫からもラインが。HBと書かれた次に来た言葉が、ご苦労さん だった。なんなんダァ》

 

離婚後も仲睦まじさが垣間見えるさんまと大竹。そんな2人にこんな声が上がっている。

 

《離婚しても仲良しって素敵な関係だね》
《なんかいい温度感だよね》
《理想の離婚像と書いていいか分からないけど、いい元夫婦》

関連カテゴリー: