木村拓哉ソロツアー 新曲メイン構成もSMAPソング飛び出すか
東京は、国立代々木競技場 第一体育館で2日間開催する。

《久々にレコーディングスタジオに入って、エンジニアのスタッフがいたり、テープ出しをしてくれるスタッフがいたり、以前と変わらない景色なんですけど、変わってるのは自分だけで。“なんか、この感じ久々だな”みたいな、ちょっと照れはありましたけど。スタートを切ってからは、非常に歌筋を使いまくってやらせていただきましたね》

 

自身が出演するラジオ『Flow』(TOKYO FM)でそう語ったのは、木村拓哉(47)。来年1月8日にアルバム『Go with the Flow』をリリースし、2月には東京、大阪の2大都市で初の単独ライブ『TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow』を行うことが発表された。

 

1年以上前から、木村は歌手だけではなくギター演奏などにも関わって制作を行ってきた。

 

「今回のアルバムには稲葉さんや槇原敬之さん、森山直太朗さん、コーネリアス・小山田圭吾さんなど錚々たるメンバーが楽曲提供。一切妥協せず、何度も歌い方やイントネーションを変えながらレコーディングに臨み、アレンジを提案するなどセルフプロデュースもしっかりと行っていました」(前出・音楽関係者)

 

そして自身のたっての希望で実現となった初のソロツアー。

 

「大好きな音楽を人前で歌えない孤独な4年間を過ごしてきましたからね。思い入れは強いです。ツアーは“ファンとの距離”を重要視した会場、構成になっており、木村さんの言うところの“騒げるライブ”となりそうです。新アルバムの曲がメインになるでしょうが、彼自身、カラオケでは1曲目に『SHAKE』を歌うと公言していますから、アンコールで飛び出すかもしれません」(別の音楽関係者)

 

今後は海外ツアーも視野に入れていると話す芸能プロ関係者も。

 

「木村さんはアジア圏、特に中国での人気が高く、中国版ツイッター“Weibo”のフォロワー数は150万人を超えています。音楽活動再開のニュースは中国でも大きく扱われその影響力は大きい。来年以降に中国を中心としたアジアツアーの話も上がっており、満を持しての“海外進出”となりそうです」

 

50歳までに歌手で世界へ――。そんな野望も夢物語ではない!?

関連カテゴリー: