「G線上」キーマンは小木博明“ダメ夫”熱演で最終話に貢献

連続ドラマ『G線上のあなたと私』(TBS系)の最終話が、12月17日に放送された。各メディアによると、平均視聴率は9.6%。全話の中で最も高視聴率だったという。そんななか、北河幸恵(松下由樹)の夫・弘章を演じたおぎやはぎ・小木博明(48)に注目が集まっている。

 

当初から、幸恵に浮気が見つかるといった“ダメ夫”の弘章。前話では育児や介護に励む幸恵に、「はいはい、わかりました」や「見ていてキツイよ」といった心無い言動を取った。その“悪役”ぶりは、視聴者から反感を買うほど。幸恵は「一人になりたい」とついに家出してしまった。

 

最終話では、弘章は母親から「妻の1人くらい大切にしなさい!」とまくし立てられながら捜索に。漫画喫茶で幸恵を見つけると、自信なさげに「ごめんなさい。色々悪かったです」と謝罪。続けて「気づかないこともあるから、そこは突っ込んで下さい」と、これまで高圧的だった態度が一転。幸恵の家族が一つにまとまったシーンだった。

 

弘章が幸恵への態度を改めたことで、視聴者からは安堵の声が続出。

 

《幸恵さんが視聴者代表になってくれた “みんな大好き幸恵さん“を泣かせたら許さないぞ、小木!!》
《幸恵さんの幸せが戻ってよかった…たみちゃんんんええ子やあああ  小木は無事浄化された模様 本当、後半は毎回泣いてた。こんな素敵なドラマに会えてよかった》

 

ドラマ放送開始前には、番組公式インタビューで「最後に大どんでん返しがあるから」とほのめかしていた小木。「キーマン」として貢献した小木に、Twitterでは称賛が上がっている。

 

《圧倒的小木回だったこと みんな忘れないでー!笑 》
《小木さんお疲れ様でした! ドラマの外で矢作さんに存分にツッコんでもらって下さい笑  幸恵さん最高!》
《MIPは小木さん。初登場から終始最高だった。キャスティング天才》

関連カテゴリー: