百恵さん 義姉に語った息子への悩み「早く結婚して孫を…」
15年、デパートでのデートを楽しんだ百恵さんと友和。

「最近の百恵さんは毎年恒例のキルト展に向けて、仕上げの真っ最中です。昨年に発売したキルト作品集が20万部以上売り上げて話題になったこともあり、今回はいっそう力が入っているみたいですよ」(キルト仲間の女性)

 

1月17日に誕生日を迎えたばかりの百恵さん(61)。百恵さんが’80年に夫・三浦友和(67)との結婚を発表し、芸能界を引退してから今年で40年。毎年11月22日の「いい夫婦の日」に発表される“理想の夫婦”アンケートでは、14年連続で1位に輝くなど、今でも時代を超えて愛されている。

 

そんな百恵さんの素顔をよく知るのが友和の実姉であり、山梨県・清里でペンション「ら・べるでゅーら」を営む篠塚弘子さんだ。本誌の取材に快く答えてくれた弘子さんは、百恵さん夫妻の変わらぬ親密ぶりについてこう語る。

 

「私たち夫婦はしょっちゅう口げんかしますが、弟夫婦は結婚以来一度もけんかしたことないんじゃないかしら。それくらい今でもあの2人は仲よし。私はいつも百ちゃんと呼んでいて、本当に飾らなくて気さくで優しい人。それでいてとっても気の利くかわいい妹です」

 

最近も百恵さんと会ったばかりだという。

 

「百ちゃんたちに両親の面倒を見てもらっていますし、今年のお正月に夫と2人で百ちゃんのお家に行きました。お屠蘇で乾杯して、彼女が手作りしたお節料理なんかを食べながら、両親と友和夫婦との3組で新年のお祝いをしました」(弘子さん)

 

93歳の義父、92歳の義母と二世帯住宅で暮らす百恵さん。高齢の2人を常日ごろから献身的に気遣っているようだ。

 

「毎年、母の日や誕生日といった記念日には必ず百ちゃんや友和が『そろそろうちに来てご飯食べませんか? お義母さまのお誕生日ですから』と必ず声をかけてくれるんです。そんなときは友和の家へ行って、百ちゃんと2人で台所に立って、両親の好きな食べ物を一緒に作ったりしているんですよ」(弘子さん)

 

そんな百恵さんへの強い感謝の気持ちを弘子さんもこう語る。

 

「私がそばにいてあげられないので、今の両親には百ちゃんのほうが私以上に娘らしいんじゃないかな(笑)。病院の送り迎えや薬のことなどは、私の代わりに百ちゃんが全部やってくれていますから。だから、百ちゃんがいてくれて本当に安心ですし、助かっています」

 

賢妻として主婦業と介護を上手に両立させている百恵さん。しかし、彼女にも一つだけ悩みがあるようだ。

 

「百ちゃんの今の心配ごとは一つだけ。“いつ息子たちが結婚して、孫の顔を見せてくれるかな?”ということ。私にも息子がいますが、男の子は結婚すると実家にあまり寄りつかなくなるから、私も百ちゃんも娘は欲しかったんです。私に『お義姉さん、私たちに娘がいたら絶対ベタベタでしたよ』と笑いながら言ってましたよ。百ちゃんはよく『息子が結婚すれば、いつかは孫を連れてきてくれますから』と希望を持っていますよ」(弘子さん)

 

しかし、しばらくはその夢も叶いそうにないようだ……。弘子さんは続ける

 

「残念ながら今年も両家そろってその兆候はいっさいありません! この前は2人で顔を見合わせて『どうなるんでしょうね、私たち』って、嘆き合っていました。百ちゃんも私も心の中では『いいかげん早く結婚しろよ』って思っていますけど(笑)」(弘子さん)

 

2人の息子が百恵さんの“夢先案内人”となれる日は果たして――。

 

「女性自身」2020年2月4日号 掲載

関連カテゴリー: