コロナの感染拡大で戦々恐々 各局春ドラマスタッフの苦悩

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本各地のイベントやコンサートが続々と中止になる中、26日に女優の松下奈緒(35)が都内で行われた「JAバンクアプリ」PRイベントにタレント・りんごちゃん(年齢非公表)とともに登場した。

 

「松下さんといえば、現在放送中のドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ系)で主演をつとめている。コロナやインフルエンザに感染したら一大事。そこで、あらかじめ、主催者側から取材陣や関係者はマスク着用と要請されました。なかなかマスクが手に入らないので、会場に用意されていたので助かりました」(イベントを取材した記者)

 

現状、感染拡大のリスクを懸念して、イベントやコンサートは中止することが増えてきている。ところが、こんな状況でもどうにもならないのが各局のドラマの撮影現場だというのだ。

 

「1月期のドラマはもうすぐクランクアップしますが、4月期のドラマはこれからクランクインする時期です。大勢の人間が出入りするので、出演者もスタッフも感染予防に最大限、気をつかっています。しかし、すでに放送日程が決まっているので、すべての収録を中止することはできません。一部で某民放キー局の複数の社員とスタッフがコロナに感染したことが報じられたこともあり、撮影現場は頭を悩ませています」(民放キー局のドラマ班スタッフ)

 

刻々と影響が拡大する“コロナショック”。一日でも早い終息を願うばかりだ。

関連カテゴリー: