コロナ公演中止は“演劇の死“と同義 野田秀樹声明に賛否

3月1日、劇作家で演出家の野田秀樹(64)が新型コロナウイルス感染症による劇場公演中止に警鐘を鳴らした。

 

野田は「公演中止で本当に良いのか」と題し、ウェブサイト「NODAMAP」上で意見書を発表。「感染症の専門家と協議して考えられる対策を十全に施し、観客の理解を得ることを前提とした上で、予定される公演は実施されるべき」と意見を述べた。

 

さらに野田は、劇場の閉鎖により再開が困難になることを「演劇の死」という言葉で表現。“演劇は観客の存在により成立するもので、劇場が閉鎖されるという前例を作るべきではない“と主張した。

 

実際に流行する新型コロナウイルス感染症の影響で、多くの公演が中止を余儀なくされている。倉科カナ(32)主演の舞台『お勢、断行』は2月28日に初日を迎える予定だったが、地方公演を含め全公演が中止となった。

 

野田の意見書を受け、ネットでは様々な意見が上がっている。

 

劇作家で演出家の平田オリザ(57)はツイッターで意見書に対し、《私も連帯を表明します。》と支持。同じく劇作家で演出家のケラリーノ・サンドロヴィッチ(57)も、ツイッター上で《俺だって連帯を表明します。》とした。脳科学者の茂木健一郎(57)も意見書に賛同。《さまざまな手段、工夫は尽くした上で、公演中止は最後の選択肢であるべきでしょう》と述べた。

 

しかしSNS上では、感染症予防という点に重きを置いた批判の声も多い。

 

《もし公演をして感染が広がったら、そのせいで劇場の評判が落ちるかもしれない》
《命を守ることの方が大事だと思う》
《感染が広がって観客がいなくなれば、それこそ「演劇の死」では?》

 

公演を行うべきか、中止すべきか。難しい問題に議論は続きそうだ。

関連カテゴリー: