滝沢カレン専属モデルへの執念 バラエティと違う姿に感嘆の声

3月1日、モデルでタレントの滝沢カレン(27)が、ドキュメンタリー番組「情熱大陸」(毎日放送)に出演。仕事への真摯な姿勢が「感動する」と話題を呼んでいる。

 

現在、専属契約の雑誌がない滝沢は、憧れのファッション誌「Oggi」の採用面接に向かうことに。Oggiに合った服装と掲載されていた靴を履いて登場し、直筆の手紙と自分の長所を書いた紙を編集長に手渡す。

 

それらを読み上げ、「採用されたら、自分でも企画をどんどん出していきたい」と熱い想いを伝えた。「意地悪な質問をすると、短所は?」と聞かれ、「ポージングが硬い」と即座に返して笑いをとる場面も。

 

ひとまず1号だけ使ってもらえることになった滝沢。事前に自分でカメラマンやスタイリストを手配し、撮影に向けた練習を兼ねた「作品撮り」をする。「たくさん私は試してほしいですけど」と貪欲だ。

 

Oggiの撮影当日は、1番に現場入りし、編集者を迎える。緊張しながらも、作品撮りでのカメラマンのアドバイスを思い出しながら撮影に挑んだ。

 

バラエティではわからない滝沢の努力に、Twitterでは《要所要所で誠実そうな人だと感じてはいたけど、こんな素敵な女性だったのか。姿勢にすごく感動した》《売れっ子でも雑誌オーディションでここまで努力してるんだ…》《滝沢カレンの情熱大陸なんか泣ける》など、称賛の声が相次いだ。

 

独特の言葉遣いで人気に火がつき、バラエティ番組で活躍する滝沢。普段見せない陰の努力が知られたことで、さらにファンが増えそうだ。

関連カテゴリー: