長谷川博己がマスク差し入れ…大河現場復活させた粋な計らい
左手を腰に当てる姿は刀に触れる武士のよう。

空気の冷たい2月の午前8時過ぎ、都内で小型犬の散歩をしている男性の姿があった。長谷川博己(43)だ。

 

この日の彼は、ロングのダウンコートに大きなマスクを着用。寒さやウイルスから、しっかりと体を守っている。表情は終始、うつむき気味。左手は腰に当てて歩いている。その姿はまるで、腰に差した刀のつばに触れる武士のようだった――。

 

現在、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で主役の明智光秀を演じている長谷川。撮影以外でもすっかり役に入り込んでいる様子だが、視聴率はかんばしくない。

 

「初回は、視聴率19%超えの好スタートを切りました。しかし2月9日放送ではまさかの急落。前週より2.6ポイントも下落し、13%台となっています。3月には15%まで復活したものの、予断を許さない状況です」(芸能関係者)

 

沢尻エリカ(33)の逮捕による降板騒動を乗り越えた矢先、今度は新型コロナウイルスが猛威を振るい始めた。さらに、視聴率も急落……。暗雲立ち込めるなか、現場の雰囲気も消沈気味だという。

 

「NHKとしても対策を徹底していて、少しでも熱がある人は出社停止。現場も大勢のスタッフが出入りするため、できるだけ接触を避けるように伝えています。そのため、密な連携を取ることが難しくなってきています。世間では次々とイベントが中止になっていますし、ロケ場所にも制限が出かねません。『このまま撮影は進められるのか……』と心配の声も上がっています」(NHK関係者)

 

そんなムードを一変させたのが、座長である長谷川の“粋な計らい”だった。

 

「長谷川さんがマスクや消毒液を現場に差し入れして、みんなの前で『こんなときだからこそ、一丸となって乗り越えましょう!』と呼びかけたんです。沢尻さんの逮捕で再撮することになったときも、彼の激励で現場の団結はより強くなりました。今回も長谷川さんの一言で、現場の士気は急上昇。新型コロナウイルスの流行によって、在宅率が高まっている状況ですからね。今こそ放送を通じて、視聴者に元気を与えたい。そんな思いで、撮影にも熱が入ってきています」(ドラマ関係者)

 

長谷川の“男気”により、再びよみがえった大河。視聴率もこのままV字回復となるか。

 

「女性自身」2020年3月24・31日合併号 掲載

関連カテゴリー: