髭男熱唱に反響!EXILE ATSUSHIがYouTuber続ける訳

EXILEのATSUSHI(39)が3月13日、自身のYouTubeチャンネル『EXILE ATSUSHI スナちゃんTV』を更新。これまでもリクエストの多かった“歌企画”の第1弾として、ピアノPOPバンド・Official髭男dismの楽曲『Pretender』を披露した。そのパフォーマンスが反響を呼んでいる。

 

ATSUSHIは「酔った勢いで『Pretender』歌ってみた!」という企画のもと、カラオケで同曲のワンコーラスにチャレンジ。歌う頃にはすでに8杯のお酒を飲んだという。また原曲のキーが高いため、「難しいんだよな」と不安げな様子も見せていた。

 

だがイントロが流れると、「頑張ってみよ!」と前向きに意気込むと、心地良い歌声で見事に歌い上げた。その後、アコースティックバージョンも途中まで披露。最後は「なんちゅー難しい曲作ってんねん!髭男!!」とツッコミながらも、「サイコー!!」と笑顔で楽曲を称賛した。

 

本動画は14日18時の時点で83万回以上再生され、視聴者から称賛の声が上がっている。

 

《本当歌った瞬間鳥肌もんですね 酔った勢いでこのクオリティ凄すぎる》

《凄いw 自分の曲のように歌ってて別の曲に聞こえるw》

《サビの声量すごすぎてカラオケかき消されとる笑》

 

ATSUSHIといえば今年1月1日にYouTubeのチャンネル開設をしたばかりだが、登録者数はすでに26万人を超えている。ATSUSHI がYouTuberとして活動するのは、“ある理由”のためだという。

 

「ATSUSHIさんは、15年に法務省から『矯正支援官』に委嘱されて5年目です。刑事施設や少年院へ定期的に慰問を続けるなか、『少年院にいる子どもの7割から8割が家庭環境に問題がある』と知ったそうです。ATSUSHIさんは、『人ごとではなく、自分たちの問題として解決していきたい』と語っていました。『子どもたちのために』という思いから、YouTuberとして活動を開始。その収益で、児童養護施設や子供たちを支援していくようです」(音楽関係者)

 

動画後半では、ATSUSHIの社会貢献への思いがエンドロールとして綴られている。そのため、エールも寄せられている。

 

《何気なしに見た動画。最後の子供達の為に始めたチャンネルってのを見て いいね チャンネル登録速攻で押しました。素晴らしいですね》

《是非子どもたちの未来へと、微力ながら動画再生の為に登録させて頂きました》

《色々あるけれど… 未来、将来の為にいいね、登録しましたーこれからも頑張ってください!!》

関連カテゴリー: