田村淳 リモート卒業式を有言実行!広瀬香美やGACKTも協力

ロンドンブーツ1号2号の田村淳(46)が3月15日、自身のYouTubeチャンネル『ロンブーチャンネル』で“リモート卒業式”を行った。当初は生配信の予定だったが、システムトラブルのために中断して収録へと変更。16日深夜に公開され、注目を集めている。

 

新型コロナウイルス感染拡大のため、政府は2月27日に全国の小中学校、高校、特別支援学校に臨時休校を要請した。そのため、多くの学校で卒業式が縮小や中止に。これを受けて淳は同月29日、ネット配信で擬似卒業式を行う企画を提案していた。

 

まず“一日学校長”となった淳による開式の挨拶でスタートした。次に同企画の協力に名乗り出ていた、シンガーソングライターの広瀬香美(53)が国歌を独唱。その後、淳は約1時間にわたって800人にものぼる卒業生の名前を丁寧に読み上げていった。

 

後半では企画に賛同したシンガーソングライターのGACKT(46)が、スペシャルゲストとして登場。祝辞として、07年にリリースした楽曲『野に咲く花のように』を卒業生に向けて歌唱した。最後は淳とスタッフが合唱曲『旅立ちの日に』を披露し、閉式の辞で締め括った。

 

動画配信後にTwitterを更新した淳は、手書きの卒業証書を添えてこう綴った。

 

《『祝』リモート卒業式 卒業式が中止になってしまった人の気持ちを少しでも和らげられたらという想いで、実行したのですが…システムトラブルで生配信を断念しましたが…式は無事に終えました 卒業生の皆さん 卒業おめでとうございます》

 

廃校になった小学校を活用し、綿密に計画されたプログラムで全国の卒業生を送り出した淳。提案から約2週間での“有言実行”に、視聴者から反響が相次いでいる。

 

《淳校長 名前を呼んで頂きありがとうございました!! 感激です》
《卒業生の保護者です。我が子の名前が呼ばれ、とても感慨深く涙がでました。淳さんはじめスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。とても思い出に残る卒業式になりました。ありがとうございました》
《淳さんは、この行動力がすごいと思う。口で言うだけじゃなく実際にここまでやるから全ての言葉に説得力がある》

関連カテゴリー: