志村けんさん 最後のLINE…知人に明かしていた映画への意欲
今年2月28日、胃の手術後に早くも“活動”を再開していた。

3月29日、志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎のため逝去した。享年70。各紙によると近親者のみで葬儀を行い、後日にお別れの会の開催を検討しているという。

 

17日に倦怠感を訴えて自宅静養に入ったが、19日に発熱と呼吸困難の症状が出たという志村さん。そのため20日に主治医の診察を受けたところ、重度の肺炎と診断されて緊急入院することに。医師が新型コロナウイルスの検査を実施し、23日に陽性と判明したという。24日には感染症の専門病院に転院し、ICUで治療を受けているとも報じられていた。

 

12月公開予定の松竹100周年記念映画『キネマの神様』で初主演が決定していた志村さん。すでに撮影はスタートしており、4月から合流する予定だった。しかし26日、やむなく事務所が出演辞退を発表。いっぽう松竹側はスケジュール再調整の協議を始めるなど、復帰を待つ声も上がっていた。

 

「志村さんは、入院直前まで撮影に意欲を燃やしていたんです。本当に無念だと思います……」

 

そう語るのは、自宅療養中に連絡を取り合った知人だ。

 

「18日、志村さんにLINEを送りました。すると、『もうすぐ映画の撮影が始まるんです』という返事が返ってきたんです。発熱する前日のことです。2月に会ったときも志村さんは『今年は役者をやるんだ。映画も決まった』と照れくさそうに笑顔で話していたので、すごく映画の撮影を楽しみにしていたのだと思います」

 

だがその後、志村さんとは連絡が取れなくなってしまった。

 

「翌19日にもLINEを送ったのですが、珍しく返事がありませんでした。集中して台本を読んでいるのかなと思っていたのですが、新型コロナウイルスに感染していたなんて……」

 

実際、志村さんは初主演映画に並々ならぬ熱意を持っていたという。

 

「志村さんは今回の映画撮影に強い意欲を見せていました。仲のよいスタッフには『山田洋次監督の撮影だから万全の体調で臨みたいんだよね』と話し、撮影期間中は“断酒”も辞さないほどの覚悟だったそうです」(映画関係者)

 

「女性自身」2020年4月14日号 掲載

関連カテゴリー: