相葉雅紀支えた志村さんの言葉に感動の嵐 番組継続望む声も

志村けんさん(享年70)がレギュラーを務めていた『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)が4月4日に放送された。そのなかで司会を務める嵐・相葉雅紀(37)が明かしたエピソードに反響が集まっている。

 

新型コロナウイルスによる肺炎で死去した志村さん。その訃報は「志村どうぶつ園」の番組関係者に大きな衝撃を与えた。レギュラーパネラーであるハリセンボンの近藤春菜(37)は3月30日の『スッキリ』(日本テレビ系)で「そばでお笑いを一緒にできたことは私の人生にとって、なんて幸せなことか、宝物かって思います」と感謝。またゲスト出演したことのある石田ゆり子(50)は、志村さんと1ヵ月前に同番組の収録で会ったとInstagramで明かし《もっともっとたくさんいろんなことをお話ししたかったです》とつづった。

 

そして志村さん不在でスタートした4日の放送。番組の冒頭で相葉は「志村さんが亡くなられたことは信じられませんし、受け止めきることができません。悲しすぎます」と述べ、「志村さんが安心してお休みしていただけるように、今日はみんなを笑顔にできるように頑張りたいと思います」と語った。

 

共演者が志村さんとの日々を回想するなか、相葉はあるエピソードを明かした。嵐の中で相葉だけ芝居の仕事をあまりもらえない時期に、志村さんからこんな言葉をかけてもらったという。

 

「焦るんじゃないよ。相葉君には『志村どうぶつ園』があるでしょ。ドラマは3カ月で終わるけど『志村どうぶつ園』はずっと続くからね。俺が続かせるからね」

 

そして相葉は、志村さんの言葉に「すごく救われた」と涙ながらに告白。山瀬まみ(50)を筆頭に共演者も涙を拭っていた。

 

Twitterでは相葉のエピソードに《あー、ほんと泣ける。志村けん心がでっかいなぁ》《心の有る温かい言葉》《どんどん志村けんさんのことを好きになっていくし、どんどん悲しい気持ちが膨らんできてしまう》と感動の声が。さらに番組へのエールが上がっている。

 

《あんなに和気藹々とメンバーが家族みたいな番組はそうないと思う。素敵な番組!》
《志村さんの遺志を継いで、今後も頑張ってほしいと思います》
《これからも変わらず志村どうぶつ園のファンです》

関連カテゴリー: