指原莉乃 一茂・TKO木下へのコメントが「視聴者目線」と絶賛

4月5日、情報バラエティ番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)にタレントの指原莉乃(27)が出演。そこでの鋭いコメントが話題を呼んでいる。

 

新型コロナウイルスの感染拡大で自粛が求められる中、普段の過ごし方を問われたゲストの長嶋一茂(54)。「明日、16時からジムでキックのトレーニングをしようと思っているけど、どうしたらいいですか」と発言した。

 

「フロアにはパーソナルトレーナーと二人だけで、空気清浄機も三台買った。事務のパーソナルの人も、僕がやらないとお金が入らない」と主張する一茂に、指原は「絶対にやめたほうがいい。その『私は大丈夫』を全員がやっちゃったら、意味ない気がするんですけど」と反論。

 

また、番組後半にはお笑いコンビ・TKOの木下隆行(48)が出演。報道されたパワハラ問題を認め、謝罪した。

 

松本人志(56)が「俺は面白ければ笑ってしまうから、俺の意見は参考にならない」とコメントする中、指原は「謝罪動画で再生数を稼いでいるように見えてしまうから。なんだったら謝罪動画は自分のオフィシャルページで公開して、その後、やりたいことをYouTubeで始めるっていうのが一番良かったんじゃないかなって思ってしまう」と批判。

 

これらのコメントに、Twitter上では「視聴者目線」だと絶賛の声が上がっている。

 

《指原さんほんまに賢いな。一茂のジムの件 木下の件 冷静に意見している。一般人と同じ感覚で話せるって すごいと思う》
《指原莉乃。長嶋一茂やTKO木下へのものすごく的確なツッコミ。言いにくいことを、誰も不快にさせず、しかもごまかさずに言えるのはほんとセンスだなあ》
《いままで、指原のこと好きじゃなかったけどTKO木下に一人だけ正論言ってるの見てめちゃくちゃ好きになったわ。視聴者の目線で見れるのすごい》

 

アイドル時代から、バランス感覚を武器に芸能界を渡り歩いてきた指原。その武器は今も健在のようだ。

関連カテゴリー: