杏の弾き語り教訓動画に反響 風刺込めた命の歌へ感動続々

杏(34)が4月14日、所属事務所のYouTubeチャンネルに弾き語り動画をアップした。そこには社会へのメッセージが込められているようだ。

 

10年と12年にCDをリリースしている杏。自身がパーソナリティを務めたラジオ番組「杏のAnytime Andante」(ニッポン放送)でもたびたびカバーを披露し、その歌声や選曲に定評があった。

 

同日、トップコートの公式チャンネルにアップされたのは杏の歌う加川良「教訓I」。杏の歌う同曲は歌詞に一部改変があり、これは佐藤良成と佐野遊穂からなるユニット・ハンバートハンバートの歌うバージョンだ。ラフな格好で、伸びやかな歌声を披露する杏の側には子供の姿も。そこには彼女の貴重なプライベートシーンが収められている。

 

また動画の説明欄で杏は、こうつづっている。

 

「自分のことを守ることが、外に出ざるを得ない人を守ることになる。利己と利他が循環するように、一人ひとりが今、できることを」

 

動画は大きな反響を呼び、投稿1日で50万もの再生回数を記録! Twitterでは《とても綺麗な声で歌詞もじわ~っと 心に広がりました。お子さんも素敵なお母さんと一緒で幸せですね》《子供達は、自然に遊び回ってて、ママの歌は日常生活に溶け込んでいるのか。杏さんの人間性を垣間見たようで、感動しました》との感想が。また松本まりか(35)も《なんて染み入る歌声なんでしょう》《そして、今、この選曲の力強さ》と讃えている。

 

「『教訓I』は作家・上野瞭さん(享年73)の『教訓ソノ一』を曲にしたものです。戦争をもとにした内容で国家への風刺を込めたものですが、加川さんは反戦歌ということ以上に『命の歌だ』と語っていました。子供のそばで『誰に何と言われても生きることを選ぼう』と歌う姿に、杏さんの思いが見て取れます」(音楽関係者)

 

そのメッセージに、こんな声が上がっている。

 

《素晴らしいな。歌だけでなく、映っているいろいろなものがメッセージになってる》

《気骨ある表現としての歌唱だ》

《さらりと唄う杏さんに感動。大切に守るべき物は何か…。私達へのメッセージですね》

関連カテゴリー: