現場沸かせる木村拓哉の豪華差し入れ『BG』ではMA-1

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、木村拓哉(47)主演で4月16日にスタート予定だったテレビ朝日系ドラマ「BG~身辺警護人」(木曜午後9時)の初回放送が延期となった。

 

16日から同枠では18年1月期に放送した前作を放送中。そんななか、木村がパーソナリティーをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」のマンスリーゲストに同ドラマで共演する斎藤工(38)が出演した。

 

ドラマでは木村と斎藤が演じる役はどこか“距離”がある感じだが、ラジオでは和やかにトーク。芸能界きっての映画オタクとして知られる斎藤だが、12日放送の同番組では映画談義に花を咲かせた。

 

木村は「『トップガン』を見て『MA-1、超かっけぇ~!』と思って」と主演のトム・クルーズ(57)が着用していたフライトジャケットにあこがれていたことを明かした。

 

すると斎藤は「木村さんが『BG』のスタッフとキャストに、MA-1を贈られていましたよね……。ヤバくないですか?すげぇ~な!と思いました、本当に」と告白。

 

木村は「いやいやいや……」と照れながらも「『BG』に関しては寒い時期に撮影していたので。暖もとれるし見た目もタフだし、MA-1にしました」と“差し入れ”の理由を明かした。

 

「木村さんといえば、主演ドラマで数々の豪華な差し入れをしてきたことで有名です。ラーメン店の屋台ごと現場に差し入れたり、高級弁当を差し入れたりしたことも。また映画『マスカレード・ホテル』で共演した長澤まさみさん(32)がテレビ番組で明かしたところによると、スタッフが現場を掃除しているのを見た木村さんはなんと高級掃除機2台を差し入れ。さらに、自ら掃除していたそうです。そんな木村さんだからこそ、現場の共演者やスタッフのモチベーションも高まるのでしょう」(芸能記者)

関連カテゴリー: