大和田美帆投稿に広がる悲痛 岡江さん死去前日「コロナ怖い」

岡江久美子さんが4月23日、新型コロナウイルスによる肺炎のために死去した。63歳だった。ドラマ「天までとどけ」シリーズの母親役や情報番組「はなまるマーケット」(ともにTBS系)での司会など、お茶の間でひろく親しまれていた岡江さん。突然の訃報を悲しむ声が上がっている。

 

各メディアによると岡江さんは今月3日に発熱し、6日に容体が急変。都内の病院に救急搬送されて入院し、ICUで人工呼吸器を装着した。PCR検査を受けたところ、新型コロナウイルスに感染していると判明。そして、23日の朝に亡くなった。事務所は「昨年末に初期の乳がんの手術を受け、1月末から2月半ばまで放射線治療をして免疫力が低下していたのが重症化した原因と思われます」とコメントしたという。

 

突然の訃報に、ネットでは岡江さんの死を悼む声が上がっている。

 

《子ども時代「はなまるマーケット」「天までとどけ」を見るのが夏休みのお決まりパターンだった世代なので、岡江久美子さんはとても身近な存在。年齢も自分の両親と同世代だし、とてもとてもショック》

《みんなのお母さんのような方で、あの優しい笑顔がもう見れなくなるのは悲しいです。天までとどけ、大好きでした》

《本当にお綺麗で快活な方だった。すごく健康的なイメージだった。ずっとそうだった。それだけに動揺が大きい。岡江久美子さん。ご冥福をお祈りします》

 

また岡江さんの娘であり女優の大和田美帆(36)のツイートにも注目が集まっている。これまでもTwitterでコロナウイルスに関する啓発を行ってきた彼女だが、岡江さんの亡くなる前日に「新型コロナ『軽症』で自宅待機の男性が死亡」というニュース記事を引用しながらこう投稿している。

 

《だから絶対かからないようにするしかないんです。うつさないようにするしかないんです。コロナ、怖いんです。そのためには、どうか家にいれる人はいましょう。お出かけは、自粛しましょう。自分のためにも医療従事者の方々をこれ以上苦しめないためにも》

 

ツイートする彼女の脳裏には、重い容態となった岡江さんのことがあったのではーー。そのため、ネットでは大和田の投稿に悲痛な声がこう上がっている。

 

《大和田美帆さんどんな思いでこれツイートしてたかと思うと…》

《お母様が亡くなる前だから覚悟と警鐘を鳴らしていたのか》

《お母様が入院されていた間も普段とお変わりないツイートをされてて、でもその期間も毎日目に見えぬ不安と闘っていらっしゃったとかと思うと…もう…なんと言っていいか…》

《美帆さんのお声がたくさんの方に届きますように》

関連カテゴリー: