四千頭身の都築も開始!オンライン飲みで再燃するmixiブーム

四千頭身の都築拓紀(23)が4月28日、mixiでの活動をスタートすると発表した。その行動に驚きの声も上がるいっぽう、実はいまmixiブームが巻き起こっているという。

 

同日、Twitterで《活動自粛中ということもあり、「何か自分にもやれることはないか」「少しでもみんなに届けれるものはないのか」と必死に考えた結果、一つの答えに辿り着きました》と切り出した都築。そして、こう宣言した。

 

《ということで、この度、『mixi』を始めさせていただきました。皆さん是非、集まれー!》

 

都築はmixiのプロフィールを公開し、さらに「四千頭身都築の家」というコミュニティを作ったことも報告。《毎時0分に、「今何をしているか」を呟いたり、日記を更新したり、まだ不慣れですが、そんなこんなをしていきます》とつづっている。

 

mixiといえば10年ほど前にブームとなったSNSの先駆け的存在。しかしTwitterでは都築に対して《mixiってなんですか?》《mixiが何なのかあんまりまだ分かってない》とのリプライが。そのいっぽうで《この令和の時代にmixiのアカウントを作るとは思いませんでした》と驚きながらも懐かしむ声が上がっている。

 

mixiを知らない世代もいるなか、実はいま“mixiブーム”が再燃している。

 

「コロナ禍にある現在、ZoomやSkypeを使ったオンライン飲みをする人が増えています。そんななかでmixiへ久々にログインし、SNS黎明期の自らの“黒歴史“を公開。日記やバトン、紹介文などを互いにさらけ出すことが流行っているようです。当時を懐かしむこともできるとして、盛り上がりを見せています」(ネットメディア関係者)

 

Twitterでもこんな声が上がっている。

 

《大学の友達と当時のmixi日記音読しながらのオンライン飲みは闇しかなくて爆笑wwwww》

 

《サラリーマン時代の同期たちとオンライン飲み。気づいたら画面共有でmixi開いてみんなの10年前の日記を読み上げる羞恥プレイに》

 

《zoom飲み。みんなでmixiにログインしてみたら意外とログインできてしまった…! みんなの黒歴史が画面共有された。笑》

 

《仕事がリモートワークor休業になっている地元の同級生たちとこんな時間までオンライン飲み会を。学生時代にやっていたmixiやデコログの黒歴史で久しぶりに腹筋つるくらい笑い転げました》

 

mixiの新たな魅力が発掘されているようだ。

関連カテゴリー: