福山雅治 30年で日給8000円から“8000万CM男”への進化

歌手デビューから30年、“春の定番曲”ともなっている『桜坂』から20年。福山雅治(51)は多くの偉業を達成している。そこで、本誌編集部が、数字で見る福山の“満開”伝説を徹底的に取材&調査した。

 

【1万9,000円→約4億円】半畳から“超高級”マンションへ!

 

上京して転がり込んだのは、友人が住む家賃3万8,000円のアパート。家賃を友人と折半し、半畳ほどのロフトでしばらく暮らしていたという。

 

その1年後、神奈川県川崎市の家賃5万5,000円のアパートに転居。平均視聴率28.4%(ビデオリサーチ調べ)を記録したドラマ『ひとつ屋根の下』(’93年・フジテレビ系)に出演し、俳優としてブレークのきっかけをつかんだ後も、そのアパートに住んでいた。

 

「そんな福山さんが現在暮らすのは、都内一等地に立つ高級マンション。推定価格は4億円超とされており、30畳ほどの広さのリビングがあるといいます」(芸能関係者)

 

【3,000円→500万円超】愛用ギターは超貴重品!

 

初めてギターを手にしたのは、中学1年生のとき。近所の人から3,000円で譲ってもらったものだという。その後、高校時代に皿洗いのバイトをして10万円のエレキギターを購入。福山の“ギター愛”は加速し、現在までに60本以上のギターコレクションがあるそう。

 

なかでも福山が現在よく使用している1930年製の「マーティン OM45」は、同年で19本しか作られていないギター。オークションで500万円以上の価格がつく“国宝級”の超貴重品だ。

 

【9万人】「1秒もいたくなかった」故郷の歓迎

 

「1秒たりともいたくない」と、高校まで過ごした長崎を飛び出すように上京した福山。祖母から借りたお金で買った中型バイクを売り払い、現金20万円を持って東京へ向かったという。

 

複雑な思いを抱きながら上京した福山だが、’15年には三度目の“凱旋ライブ”である「福山☆夏の大創業祭 2015」を開催。会場に集まった9万人の長崎県民からは、温かい歓迎を受けたそう。

 

かつては故郷を憎みもしたが、ライブ会場では地元への恩を返すように、「帰ってきたばい、長崎!」と絶叫した。

 

【8,000円→8,000万円】CMのギャラも“BIG”!

 

「BIGになる」と夢を抱えて上京した福山は、新宿のピザ店でアルバイトを始めるも、訛りが強いとの理由でクビにされてしまったという。

 

日給8,000円の材木店でアルバイトをしていた過去もあり、「オーディションを受ける日以外は、2トントラックのハンドルを握って運搬作業をしていた」と、本人もラジオなどで明かしている。

 

それから30年……大手広告代理店の営業資料によると、福山の現在のCM1本の出演料は8,000万円とも報道された。文字どおり、広告塔としてもBIGなタレントに。

 

【28社】

 

初めてのCM出演は、三菱自動車「ミラージュ」(’91年)。人気が高まるにつれて、テレビでおなじみのアサヒビール「スーパードライ」、東芝「レグサ」など計28社のCMに出演。

 

【11回連続】

 

『NHK紅白歌合戦』には12回出場。’09年から「11回連続で会場外での中継出場」という特異な記録の持ち主でもある。’09年は、自身が主演を務めたNHK大河『龍馬伝』のロケ地でもあった地元・長崎県のグラバー園内で『はつ恋』を披露。

 

【41億円】

 

’15年9月28日に発表された、女優・吹石一恵との結婚は、ファンに大きなショックを与え、“ましゃロス”と話題に。翌日、福山の所属事務所「アミューズ」の株価は、前日と比べて440円も下落。時価総額にして、「マイナス41億円」の影響を与えたとも……。

 

「女性自身」2020年5月12・19日合併号 掲載

関連カテゴリー:
関連タグ: