道端アンジェリカ 復帰宣言も…社会貢献発言に批判の声続々

芸能活動を休止していたモデルの道端アンジェリカ(34)。6月15日、約8カ月ぶりに更新したインスタグラムで活動再開の報告をした。

 

道端は19年10月、夫と共謀して知人男性から現金35万円を脅し取った疑いで書類送検されていた。道端が夫の経営する店で男性と密着したことから夫が激昂し、「家族をめちゃくちゃにしてやる」などと脅迫。その現場に道端が居合わせたことから、“美人局疑惑”とも一部では報じられていた。結果的に不起訴処分となり、刑事責任は問われなかった。

 

はじめに道端は、《お久しぶりです。昨年は関係者の方、ならびにファンの方へご迷惑とご心配おかけしたこと心より深くお詫び申し上げます》と謝罪。

 

今後について、《今まで私を支えてくださっていた方々に恩返しをするつもりで、モデル活動のみならず、社会貢献につながるお仕事をしていきたいと思います》と表明。さらに所属事務所を退所したことや、シングルマザーになることを明かした。

 

いっぽう、同日に報じられたスポニチの取材にも応じている道端。記事によると、道端が復帰を決意した理由は1歳11カ月になる子供の存在であり、夫とは離婚協議中だという。

 

事件については、「全くの誤解で事実ではない」とキッパリ。友人女性4人で食事をした帰りに夫の店へ行ったとし、「子供を産んでからほとんどお酒を飲んでいなかったので、はっちゃけ過ぎてしまった」と説明。「夫はそんな私の姿を初めて見たので怒ったんです」と“美人局疑惑”を否定したという。

 

夫が逮捕されるまでは、「夫の怒りで大変だった」と涙ながらに語ったという道端。そんな彼女に《おかえりなさい》や《応援してます》といったエールが寄せられている。

 

いっぽう復帰にあたって「社会貢献」を掲げている道端だが、新型コロナウイルスの影響もダメージになっていたという。コロナ禍で「芸能人の友達がSNSでメッセージを出して社会貢献している中、それをやっちゃいけないような存在になっている自分がつらかった」と告白。この発言に対して、厳しい声が上がっているのだ。

 

《社会貢献する気持ちがあるのであれば、わざわざSNSに投稿しなくても出来るはず》
《一番ひっかかったのは「他の友達がSNSで社会貢献をしてて」って部分。別に社会貢献をSNSで発信する必要はないと思う》
《社会貢献をやっちゃいけない空気ってなんですかね!? 貢献するのは自分の気持ちであって表に出ずに貢献する事もできる》

 

「道端さんは過去にも『(結婚相手の年収は)5,000万円は絶対ほしい』『子供はベビーシッターに見てもらいたい』といった発言で度々炎上していました。活動休止する際に、『育児に専念』と説明したことも物議を醸したようです。少なからず、これまでの発言の積み重ねが影響しているのではないでしょうか…」(芸能関係者)

 

果たして道端の復帰は吉と出るのだろうか――。

関連カテゴリー: