綾瀬はるかを「ハルと呼んでいた」ノ・ミヌ友人語る2人の仲
画像を見る

「ミヌは本当に“いい人”。ファンミーティングでは、日本語でお客さんを笑わすテクニックもありますしね。一緒に過ごす女性は楽しいと思います」(芸能関係者)

 

7月2日発売の一部週刊誌で綾瀬はるか(35)と韓流俳優ノ・ミヌ(34)の国際恋愛が報じられた。2人が結婚の意思まで固めているという内容だが、双方の所属事務所は熱愛も結婚も完全否定。

 

綾瀬側は同記事内で友人関係こそ認めたもののそれ以上ではないと否定。ミヌ側は韓国メディアの取材に対して「綾瀬はるかとの熱愛説は事実無根」とコメントを出している。

 

本誌の問い合わせに対しても綾瀬の所属事務所の担当者は、「綾瀬は報道の相手の方と1年半以上会っていません」と、熱愛報道が「事実無根」であることをきっぱりと主張した。

 

日本の国民的女優と、韓流俳優。2人の実際の間柄とは、いったいどのようなものなのだろうか。

 

ノ・ミヌは、バンドのドラマーとして’04年に韓国でデビュー。’06年にバンド脱退後は主に俳優として活躍してきた。

 

「出演ドラマが日本でも注目され、’12年ごろから日本の韓流ファンにも名を広めてきました。チャン・グンソクやジェジュンなどの韓流スターと同世代で仲よし。ミュージシャンとしても日本でライブをやったりしていますよ」(韓流ライター)

 

『女性自身』誌上でも何度か、彼を取り上げている。当時のスタッフはこう述懐する。

 

「あの美形で185cmの抜群のスタイル。会うと、カッコよさにほれぼれしますよ! 韓流スターは“男らしい”というイメージの人が多いなかで、ミヌさんは“優しい人”という印象が強いです。所属事務所の社長でもあるお母さんも現場にいらっしゃっていましたが、とても仲がよく母親思いな面も強く感じましたね。人なつっこくて、われわれ取材スタッフにもフランクに接してくれます」

 

そんなミヌだが、日本人ファンの間では“彼は綾瀬はるかのファンなのでは”と、今回の報道がある前から噂になっていたという。

 

次ページ >綾瀬の誕生日に2年連続で“意味深”投稿

関連カテゴリー: