石原プロ縮小に炊き出し惜しむ声 きっかけは裕次郎さんの一言
画像を見る

7月16日、石原プロモーションが来年に所属俳優のマネジメントを終了すると「サンスポ.com」が報じた。

 

63年に石原裕次郎さん(享年52)が設立し、「石原軍団」の愛称で広く知られていた石原プロ。

 

所属する渡哲也(78)はフリーで活動し、舘ひろし(70)と神田正輝(69)は独立。若手俳優は他事務所へ移籍するという。

 

裕次郎さんの妻で取締役会長の石原まき子夫人(86)も高齢であるため、今後は大幅な事業縮小が予想される。

 

このことが報じられると、石原プロが兼ねてより行っていた「炊き出し」を想起する声が広がった。

 

《石原軍団の炊き出しは今後どうなるんだろ? いざという時は有志で集合とかあるのかな》
《石原軍団の災害時炊き出しに助けられた人多いと思います 有難うございました》
《大きな災害があった時、石原軍団の皆さんが大掛かりな炊き出しをして下さってましたね。まとまりの強い素晴らしい芸能事務所でした。渡さん、舘さん、神田さん、他の芸能人やスタッフの皆さんありがとうございました。今後の活躍をお祈りします》

 

“伝統”ともいわれる「石原軍団」の炊き出しは、裕次郎さんが発起人だったという。

 

次ページ >役者とスタッフのロケ弁に差があることを怒った裕次郎さん

関連カテゴリー: