岡田結実“女優専念”報道を母が否定「バラエティは続ける」
すでに映画2本とドラマ1本とCM3本が決定しているという。

3月にオスカープロモーションを退所した岡田結実(20)。バラエティタレントとして大人気のなか、「女優をやりたい」として新たなスタートを切ったと報じられた。

 

だが、母でタレントの岡田祐佳(48)はこう語る。

 

「結実は『バラエティにはもう出ない』なんて言っていません。『女優もしたい』と言っただけなんです。家でも『バラエティは絶対に続ける』と言っていますよ。

 

ありがたいことに、結実にはたくさんのオファーが舞い込んでいます。『家族で出演してほしい』というお話もいただきます。ただ私は娘にぶら下がって生きたくはないので(笑)。相乗効果がある内容でしたらと考えています」

 

母が語るように、結実の仕事は驚くほど順風満帆だという。

 

「5月に新事務所Viivoへの移籍を発表したのですが、すでに映画2本とドラマ1本とCM3本が決定しているのです。まさに引っ張りだこです」(芸能関係者)

 

’17年、祐佳はますだおかだの岡田圭右(51)と離婚。結実にとっては母や兄の存在が支えのようだ。

 

「7月19日は私の誕生日だったのですが、お昼すぎに結実から『おめでとう』というメッセージ動画が送られてきてね。焼き肉屋さんに誘ってくれたんです。コロナ禍ということもあって、換気できる個室を選んでくれました。

 

また体の弱い私を心配して、ネットで2箱1万円のマスクを注文してくれたこともありました。でも届いてみたら代引きで、私が払うことに。そのあたりが抜けているんですよ。私は『バカがバレるから3行以上しゃべるな』と言っているのですが(笑)。まあそれもかわいいところですね」

 

「女性自身」2020年8月18・25日合併号 掲載

関連カテゴリー: