伊野尾慧 陽性発覚で現場パニック!『SUITS2』は収録中止に

《朝『めざましテレビ』で体調不良でお休みですとアナウンスがあったから“まさか”とは思っていたけど、大丈夫かな……》

《コロナの感染リスクを避けるために、美容院にも行かず自分で髪を染めていたから、本人がいちばんショックだろうな……》

 

8月13日夜、Hey! Say! JUMPの伊野尾慧(30)が新型コロナウイルスに感染した、とジャニーズ事務所が発表。SNSには瞬く間に、彼の病状を心配するファンの声があふれた。

 

ジャニーズ事務所では、7月初旬にジャニーズJr.で1人の感染があったが、CDデビュー組では伊野尾が初めての感染者に。彼が体調を崩したのは、8月6日の夜のことだった。

 

「伊野尾さんは毎週木曜に『めざましテレビ』(フジテレビ系)にレギュラーで生出演しています。その週は、8月4日の火曜に、『めざまし』のコーナー用にロケ収録を行っていました。そして、6日は朝の生放送に出演。その夜、倦怠感を覚えたそうです。でも、発熱はなし。

 

実は伊野尾さんは、これより前にジャニーズ事務所の方針で抗体検査を行っていて、前日の8月5日に陰性の結果を受け取ったばかりだったんです」(芸能プロ関係者)

 

7日以降も一度も発熱はなく、症状は軽微な風邪程度のものにとどまっていた。そして、念のためにとPCR検査を受けたのだった。

 

「12日に陽性の結果が出たそうです。翌日、保健所からの指導を受け、その夜に発表しました」(前出・芸能プロ関係者)

 

伊野尾のコロナ陽性がわかってから発表までの間、対応に追われ“パニック”になったのは、グループのほかのメンバーと事務所関係者、彼らと仕事をしているマスコミ関係者らだ。

 

フジテレビ関係者によると、8月4日の『めざまし』のロケに同行したスタッフ1人が、保健所から濃厚接触者に指定された。

 

「彼のほかにも、スタジオで共演した三宅正治アナや永島優美アナら共演者7人とスタッフ9人がPCR検査を受ける事態に陥りました。伊野尾さんの感染とスタッフに濃厚接触者が出たことを受け、『めざましテレビ』自体が、当面スタジオ出演者を月曜から木曜までと、金曜から土曜までの2班態勢で番組を進めていくことも緊急に決定しました」

 

ほかのメンバーとその関係者も、急きょの対応に迫られた。

 

「13日にはメンバーの中島裕翔さんが出演している月9ドラマ『SUITS2』(フジテレビ系)の撮影が予定されていました。しかし、12日に伊野尾さんの陽性がわかったところで、ドラマ制作側にすぐ連絡が入り、大事をとって翌日の『SUITS2』の収録は中止にする判断がなされました。

 

その時点では、“ひょっとしたらメンバーに濃厚接触者がいるかもしれない”と事務所関係者は非常に気がかりだったと思います。常に万全のコロナ対策を心掛けているとはいえ、グループですから一緒にいる機会は何かとあるでしょうし、特にJUMPはプライベートでも仲がいいことで知られていますからね」(テレビ局関係者)

 

中島以外のメンバーへの影響も懸念されていた。山田涼介(27)も9月から放送のTBSの主演ドラマの撮影中。また、八乙女光(29)は、8月22~23日に控える『24時間テレビ』(日本テレビ系)で宮城のチャリティーパーソナリティーを務めることが決定している。

 

発覚から緊張の一夜が明け、13日には、伊野尾以外のメンバーと担当マネージャーがPCR検査を受け、全員陰性と判明。また、保健所から濃厚接触者ではないという判断も受けたことから、14日からは、それぞれのメンバーの活動は再開された。関係者は胸をなでおろしたことだろう。

 

「そもそもジャニーズ事務所は当初から新型コロナウイルスに関してたいへん慎重に対応しています」(スポーツ紙記者)

 

たとえば、雑誌の取材。グループアイドルにはマストといえる、ある撮影が事務所からNGにされていると、女性誌ライター。

 

「コロナ対策のために、撮影時に“密”になる集合写真はNGなんです。すべてソロカットで撮って写真を組み合わせて使ったり、密にならない構図をカメラマンと相談しながら撮影したりしています」

 

ちなみに、伊野尾が感染発覚前に受けていた抗体検査は、事務所全体の規模で行っているものだ。

 

「7月末から複数回に分けて順次行われているところなのですが、その対象は全タレントと全社員。デビュー組といわれるタレントたちが約100人、Jr.は関東と関西を合わせて300人ほどですから、タレントだけで約400人に実施される予定です。今回の伊野尾さんの感染発覚で、まだ検査を受けていないタレントたちも早急に行うことになりそうです」(芸能関係者)

 

また、社屋や関連施設に立ち入る際には、自動で検温できるシステムまで採用されているという。コロナ感染にはどこよりも気を使っていただけに、今回の伊野尾の件はジャニーズ事務所関係者たちに衝撃を与えたようだ。

 

14日の生放送のテレビ番組に出演したA.B.C-Zの河合郁人(32)は、13日に連絡を取ったという伊野尾の様子をこう語った。

 

「電話がかかってきて、元気そうだった。自分のことより『関係者とかに迷惑をかけちゃって本当に申し訳ない』ってずっと言ってた」

 

8月26日には、『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)でHey! Say! JUMPの出演が予定されている。

 

「今のところ伊野尾さんを除いたメンバーでのパフォーマンスとなる見通しです。伊野尾さんの復帰は、9月に入ってからになりそうです」(前出・テレビ局関係者)

 

万全の対策をとっているつもりでも、感染者が出てしまう新型コロナウイルス。芸能界のみならず、まだまだ油断ならない状況が続いている――。

 

「女性自身」2020年9月1日号 掲載

関連カテゴリー: