樹木希林さんの“最後の愛車”モデル孫が受け継いでいた!
希林さんが最後に購入した愛車「トヨタ・オリジン」 画像を見る

「とにかくいろんな話を聞かせてくれたし、知識がものすごくあった人でした。10歳の子たちが聞けないような話をよくしてくれていましたね。それは、おばあちゃんが今やっている映画での出来事の話だとか、それこそ日常のちょっとしたことだとか……」

 

目を細めながら樹木希林さん(享年75)との思い出を振り返るのは孫の雅樂(22)。

 

’18年9月15日に希林さんがこの世を去ってから2年。死後に発売された希林さんの言葉をまとめた書籍が軒並みヒットを記録するなど、その深い人生観はいまも多くの人々に影響を与えている。

 

ぜいたくを嫌い“モノを持たない生活”を貫いた希林さんだったが、数少ない趣味が車だった。

 

長年の知人は言う。

 

「希林さんの車好きは有名で、過去には愛車を紹介する番組に出演したことも。“車は顔”がモットーで、丸目が特徴のクラシックカーを10台以上乗り継いできました。

 

なかでも’01年に購入した『トヨタ オリジン』は新車価格で770万円と高い買い物でしたが、希林さんは“最後の愛車”と大切にしていたようです」

 

そんな最愛の車をモデルとしても活躍する孫である雅樂が最近、受け継いだというのだ。

 

次ページ >雅樂が初告白「やっぱりおばあちゃんのぬくもりを…」

【関連画像】

関連カテゴリー:
関連タグ: