山口達也 長瀬の退所報告受け飲酒再開か…夢見たTOKIO再加入
22日に練馬署から移送される山口元メンバー。 画像を見る

TOKIOの山口達也元メンバー(48)が9月22日に逮捕されてから一週間。逮捕前日の夜9時ごろから焼酎5~6杯を飲酒し、当初は「朝も酒が残っていると自覚があった」と認めるも、その後、一転して否認へ。24日に釈放されるものの、同時に家宅捜索が行われるという異例の展開となった。

 

’18年2月に自宅で女子高生へキスを迫るなどした際も泥酔していたという山口元メンバー。’18年5月のTOKIO脱退以降は、東京郊外にある家賃7万円の賃貸マンションで更生に向けて静かに暮らしていた。修行僧のような生活ぶりについて、昨年8月、『女性セブン』の取材に対して飲酒はしていないと明かしたうえで、こう語っていた。

 

《今は週に何日かお寺で勉強をさせてもらっています。読経や写経、境内の掃除などの作務を通じて、自分を見つめなおしています》

 

更生に励む山口を支えるモチベーションとなっていたのが、“TOKIO再加入の夢”だ。

 

’18年4月26日の謝罪会見では、「彼らを信じて、もし、待ってくれている場所が、私の席がそこにあるのであれば、またTOKIOとしてやっていけたらなと……」と、復帰への意欲を見せていた。

 

しかし、同年5月に残る4人で行われた会見では松岡昌宏(43)はじめ各メンバーは「甘すぎる」と一蹴。その後、山口元メンバーはTOKIOを去り、4人も音楽活動を封印することに。

 

それでも残された4人は遠くから懸命にエールを送り続けていた。

 

「TOKIO脱退後、山口さんは4人といっさい連絡を取っていなかったそうですが、恩人であるジャニー喜多川さん(享年87)が亡くなったことをきっかけに少しずつ連絡を取るようになったといいます。やり取りするなかで、山口さんの病気を気にかけることもあったそうです」(芸能関係者)

 

昨年9月にリーダーである城島茂(49)が結婚した際も、山口元メンバーには報告があったという。

 

次ページ >長瀬の退所報告を受けて次第にふさぎ込むように…

関連カテゴリー: