キンプリ岸変えたV6井ノ原 24時間テレビ慰労会で談笑の理由
後輩たちに見送られる井ノ原。 画像を見る

小雨がそぼ降る9月下旬の夜、東京都内の洋館から、談笑しながら出てくる男性たちの姿があった。マスクをしていても楽しそうな様子が伝わってくる。輪の中心にいたのはV6の井ノ原快彦(44)だ。

 

「『24時間テレビ』の慰労会があり、メインパーソナリティー5人と少数の番組関係者が参加しました」(日本テレビ関係者)

 

今年のメインパーソナリティーを務めたのは、井ノ原にNEWSの増田貴久(34)、Kis-My-Ft2の北山宏光(35)、ジャニーズWESTの重岡大毅(28)、King&Princeの岸優太(25)。目撃した慰労会では打ち解けた様子の5人だったが……。

 

「3カ月前の顔合わせ時は、後輩4人は直立で井ノ原さんの到着を待っていたほどかしこまっていました。でも井ノ原さんが『なんで座ってないの? フランクでいいよ』と。それで緊張がほぐれたんです」(前出・日本テレビ関係者)

 

このとき、岸がメインの1人に選ばれたことをキンプリのメンバーに報告済みだと話すと「解禁前に情報が漏れたら岸を疑うわ」と井ノ原が冗談で返し、笑いが起きる場面もあったという。

 

「井ノ原さんは、岸さんがV6のデビューした’95年に生まれていることを感慨深く思ったそうです。岸さんと連絡先を交換するときには『何でも相談して』と声をかけたと聞きました」(テレビ誌記者)

 

次ページ >「自分の個性を大事に」井ノ原が岸に伝授した教え

関連カテゴリー: