生田斗真 新妻・清野菜名と合同誕生会!8時間ハシゴ酒現場
ジンギスカン店から出てきた生田と清野。 画像を見る

秋空が暗くなりきらぬ夕方5時。都内にある人気のジンギスカン料理店の前に、1台のタクシーが止まった。降りてきたのは、マスクまで黒で決めた黒ずくめの男性と、黒のシャツに黒のキャスケット帽、パープルのパンツをはきこなした美女のカップル。

 

今年6月1日に電撃婚をした生田斗真(36)と清野菜名(25)夫妻だ。この日、10月7日は、生田の誕生日だった。

 

「そこは客単価1万~1万5千円の高級店。珍しい国産羊肉が食べられると有名で、予約もなかなかとれないんです。芸能人の常連は多いですよ」(グルメ誌ライター)

 

知人男性とタクシーを降りた生田夫妻は、そのまま3人で店内へ。ある生田の知人が、2人の新婚生活の様子を教えてくれた。

 

「きれい好きな斗真くんは、外出自粛期間中に掃除に凝って“掃除グッズをたくさん買っちゃった”と言っていましたよ。でも“台所には立たない、料理は男がやるもんじゃない”とわりと亭主関白な面もあって(笑)。斗真くんが掃除と洗濯担当、清野さんが料理担当と決めて生活しているようです」

 

清野は料理上手なのだという。

 

「無名時代から節約のために自炊生活で、煮物なんかもパッとつくれちゃうそうです」(前出・知人)

 

誕生日ディナーには清野の手料理でなく外食を選択したようだが、これには理由がありそうだ。

 

次ページ >誕生日ディナーに清野の手作り料理選ばなかった“粋な理由”

関連カテゴリー: