石原さとみ不安視される夫実家の家訓、海外別居婚の可能性も
『高嶺の花』現場で自転車に乗る石原。 画像を見る

徐々に明らかとなってきた石原さとみ(33)を射止めた“一般男性”Aさん(33)の正体。東京大学卒で大手外資系金融機関で働くというだけでも驚きだが、それはまだ序の口だった。Aさんの知人は言う。

 

「海外赴任の多かった大手電機メーカー勤務の父親の影響で、Aさんも6~18歳までドイツやハンガリーなど数か国で生活していました。外資系金融機関のほかに自分の会社もいくつか所有しており、最低でも年収は5,000万円以上だと思います」

 

順風満帆に見える2人の結婚生活だが、一つの不安要素が。その鍵を握るのがAさんを育てあげた実家の“家訓”だ。

 

「Aさんの父親には、20年にわたる海外赴任生活を送ったことで、多様な価値観が身に付き、自身の成長につながったという自負があります。数年前に出版した著作では海外で働く意義を説いています。

 

そんな環境で育ったAさんは物心ついたときから海外志向が強く、外資系金融機関を職場に選んだのも自然な流れでしょう。『海外での生活を経験させてくれてありがとう』と父親に感謝しているといいます。将来的には外資系金融機関から独立して、海外を拠点にビジネスを始めることも視野に入れているそうです」(Aさんの知人)

 

石原は国際派なAさん一家の考えを尊重しているようだ。

 

次ページ >Aさんが石原へ望む“現代的な”夫婦像

関連カテゴリー: