松本潤1人だけの予行演習 多忙メンバー代表し何度も新国立へ
画像を見る

「嵐のみなさん、今、忙しいんですよ。一生懸命、踊りの練習をしています」

 

二宮和也(37)は、10月中旬、主演映画『浅田家!』の舞台挨拶で嵐の近況をこう口にした。

 

コロナ禍で5月から延期となっていた新国立競技場での『アラフェス』を無観客で事前収録し、11月3日にオンライン配信することになった嵐。メンバー5人は目下、その準備に追われているという。

 

「番組収録や個々の仕事をこなしながら、限られた時間で打ち合わせやリハーサルを重ねています。配信当日はCDデビューをした記念日でもありますし、年内いっぱいで活動休止となる嵐の21年間の集大成となるでしょう。支えてくれたファンへの恩返しに『最高のコンサートを披露する!』と宣言しています」(テレビ局関係者)

 

収録日は明らかにされていないが、イベント関係者によると、10月中旬時点で、すでに新国立競技場での設営が始まっているという。

 

「カメラ数は通常のコンサートの2倍以上を予定しているといいますから、ぜいたくなカメラワークでも楽しませてくれそうです。収録前には、メンバーと関係者全員にPCR検査を実施するとも聞いています」

 

メンバーのなかでは、これまでずっと嵐のコンサートの演出・構成を担当してきた松本潤(37)が、特に率先して動いているようだ。

 

「松本さんは、すでに何度も、会場である新国立競技場に足を運んでいます。多忙なメンバーを代表して一人でその場に立ってみて、脳内で本番の“予行演習”をしているのでしょう。具体的に、会場の大きさやスタンドからの見え方、ライティング、ステージでの移動距離など細部まで、自分の目でチェックしているそうです。

 

さまざまなアイデアを考案しては関係者に“何が使えて何がダメなのか”“雨の場合はどうするのか”といったことを確認し、修正を繰り返しながら準備を進めています」(音楽関係者)

 

次ページ >松本が苦笑いする各メンバーの“ソロ要望”

関連カテゴリー: