大和田獏守り続ける岡江さんの助言 古希祝いは思い出のケーキ
15日にケーキ店へ向かう大和田。 画像を見る

10月15日、都内の閑静な住宅街。そこに大和田獏(70)の姿があった。ネイビーのパーカを着て、黒のパンツをはいた大和田。その手には、地域で親しまれている洋菓子店のケーキがあった。

 

「あのお店はこの辺りでいちばんおいしいと評判なんです。大和田さんもここのケーキが好きみたいで、昔からご夫婦でいらしてました」(常連客)

 

その日、大和田は自身のインスタにこうつづっている。

 

《10月13日は70回目の誕生日でした。しかし古希のこの日を病室で迎えてしまいました!》
《何と10日に盲腸炎(虫垂炎)になり入院! 人生初の入院がこの時期に! 何と間の悪い事か!!》

 

古希のタイミングで虫垂炎になったと嘆く大和田。思わぬアクシデントに見舞われてしまったが、こんなとき亡き妻・岡江久美子さん(享年63)なら彼にどんな言葉をかけるだろうか――。

 

今年4月23日、新型コロナウイルスによる肺炎のため亡くなった岡江さん。実は生前、大和田のために“古希のサプライズ”を計画していたという。

 

「岡江さんは昨年『獏ちゃんの70歳の誕生日は盛大にやろう!』と張り切っていました。

 

家族で海外か、国内で温泉か。はたまた獏さんの実家のある名古屋で、お義母さんを交えて祝おうか……。獏さんの喜ぶ顔を思い描くように楽しそうに話していました。獏さんにも『楽しみにしといてね!』と伝えていたのですが……」(大和田家の知人)

 

次ページ >大和田がウォーキングに励む理由

関連カテゴリー: