引退説浮上のマツコ 語っていた小学生時代の“燃え尽きた”過去
画像を見る

「革の色が変わった。汗とか油分が移った。いい感じのブラウンだったのがこげ茶になっちゃった」

 

コロナ禍中に自宅のソファに起きた変化についてこう語るのはマツコ・デラックス(48)。これは11月30日放送の『月曜から夜更かし』(日本テレビ系)で語ったもの。今年はマツコ自身にとっても激動の1年となったようだ。

 

「新型コロナウイルスの影響で自宅に籠もり、MCを務める『月曜から夜更かし』(日本テレビ系)では4月から2ヶ月間にわたって映像さえない電話出演でした。関係者の間では、“元気がなくて心配”と心配する声も。9月には、10年間レギュラーとして出演してきた『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)の降板を突如発表しました。一時は“芸能界引退説”も囁かれました」(テレビ局関係者)

 

コロナ禍による自宅で過ごすことも多くなり、自分自身について考える時間が増えたというマツコ。

 

9月27日に放映された『おしゃれイズム』(日本テレビ系)では、くりぃむしちゅー・上田晋也(50)の「この仕事辞めようと思ったことある?」という質問に対し、マツコは「いま思っている」と引退をほのめかすような発言をしていた。

 

次ページ >マツコの恩人社長が語った“これから”

関連カテゴリー: