寛一郎“七光りは嫌”でも駆けつけた父・佐藤浩市の還暦祝い
夕方、浩市の自宅にプレゼントを抱えて向かっていく寛一郎。 画像を見る

帽子を目深に被り、夕暮れどきの閑静な都内の住宅街を歩く男性。黒で統一したシックな装いで、足取りはどことなく早い。その手にはしっかりと包装された巨大な紙袋が抱えられていた。

 

ほどなくして男性は、とりわけ住宅街のなかでもとりわけ大きな一軒家に入っていく。その持ち主は俳優・佐藤浩市(60)。男性の正体は、佐藤の息子・寛一郎(23)だった。12月10日、その日は佐藤が還暦を迎えた記念すべき誕生日だった――。

 

「この日は自宅で、浩市さんの還暦祝いが行われていたそうです。芸歴は40年を超え、若手からベテラン俳優まで絶大な信頼を誇る浩市さんですから、本来なら盛大に還暦パーティをやりたかったはず。ですが、コロナ禍ということもあって、今年は家族とごく親しい人たちだけでお祝いしたと聞いています」(佐藤の知人)

 

93年に再婚した2人目の妻との間に誕生した寛一郎。17年には父・浩市の背中を追うように俳優デビューし、順調にキャリアを積み重ね、今年は4本の映画にも出演するなどまさに引っ張りだこ。今年7月に公開された映画『一度も撃ってません』では浩市との初の親子共演を果たしていた。一見、公私ともに仲のよい父子に見えるが、寛一郎には複雑な思いもあるという。

 

「幼少期から浩市さんに映画の撮影現場へ連れていかれていたこともあって、寛一郎さんはずっと役者業に憧れていました。しかし一人の俳優として一人前になりたいという思いが強く、“佐藤浩市の息子”と二世扱いされることを本人はとても嫌がっています。本名は佐藤寛一郎ですが、芸名から姓を外したのも“七光り”と呼ばれることを避けたかったためと聞いています」(前出・佐藤の知人)

 

次ページ >「佐藤浩市は一番好きで一番嫌いな存在」

関連カテゴリー: