田中圭 撮影後に雀荘7時間半!寝る間削って打つほど麻雀好き
7時間半の麻雀を終えて出てきた田中。 画像を見る

『少年ジャンプ』を小脇に抱え、テークアウトの飲み物を手に歩く1人の男性。12月中旬の16時、本誌記者が都内の繁華街の小路で目撃したのは田中圭(36)の姿だ。

 

主演ドラマ『先生を消す方程式。』(テレビ朝日系)が最終回を迎えたばかりの田中。この1年は、ほかにも『アンサング・シンデレラ』(フジテレビ系)、『キワドい2人-K2-』(TBS系)などの連続ドラマに出演し“超”多忙だった。

 

「’20年4月には主演ドラマ『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』(テレビ東京系)も決まっていましたが、コロナで頓挫。田中さんのスケジュールがかなり先まで埋まっているため、延期の時期も未定のままです」(スポーツ紙記者)

 

田中圭 撮影後に雀荘7時間半!寝る間削って打つほど麻雀好き
画像を見る 19年9月『あな番』の打ち上げに参加した田中。

 

年末は、’21年以降に放送・公開される作品の撮影スケジュールに追われる毎日のようだ。

 

「’21年も、いくつかの連続ドラマに出演が内定していると聞きました。映画などの撮影もあり、複数の作品に同時進行で入っていることも珍しくありません。制作側はスケジュールの争奪戦状態です」(テレビ局関係者)

 

目撃した日も、昼ごろまでは東京郊外で単発ドラマの撮影を行っていたのだという。しかし撮影帰りだというのに、田中が疲れている気配はゼロ。しかも入った先は雀荘だった!

 

「田中さんは大の麻雀好きですからねぇ。忙しいのに寝る時間を削ってやることもあるほどです」(芸能関係者)

 

次ページ >仕事終わりはどこかに寄りたい派

関連カテゴリー: