小栗旬に国内バブル到来!ハリウッド無期限延期の意外な反応
18年10月、都内のスーパーで買い物をする小栗と山田。 画像を見る

「夏に帰国したときは少し残念がっていましたが、『日本のほうが食べ物は美味しいし(笑)』と言って悲観的な様子はなかったですね。すぐに『もう一回、日本でしっかりやろう!』と切り替えていましたよ」(映画関係者)

 

2020年は“忍耐の1年”となった小栗旬(37)。だが早くも再出発に向けて動き出しているようだ。

 

もともとハリウッドデビューのため、昨夏から生活拠点をアメリカ・ロサンゼルスに移していた小栗。だが新型コロナウイルスの感染拡大を受け、緊急帰国していたと7月に報じられることに。さらにハリウッドデビュー作「ゴジラVSコング」の公開も、事実上の“無期限延期”状態となったのだ。

 

小栗旬に国内バブル到来!ハリウッド無期限延期の意外な反応
画像を見る 18年12月、ベビーカーを押す小栗。

 

「渡米のきっかけは今年3月公開予定だった『GODZILLA VS. KONG』(邦題・ゴジラVSコング)への出演だったが、新型コロナウイルスの関係で公開も延期に。もともと1年ほどで帰国する予定だったそうですが、現地でも多数の感染者が出たことで最終的に帰国を決めたようです」(テレビ局関係者)

 

だが緊急帰国したことで、小栗の“国内バブル”が到来しているという。

 

次ページ >22年秋までは日本国内にいることが確定

関連カテゴリー: