『麒麟がくる』はまたスルー?丹波攻略でみせた光秀の残虐さ
42歳の誕生日を迎えた19年3月、鈴木京香の自宅から出てきた長谷川。 画像を見る

「第37回『信長公と蘭奢待』では、織田信長(染谷将太)打倒で挙兵した足利義昭(滝藤賢一)が、どのように描かれるか期待していました。ところが、義昭が最も頼りにしていた武田信玄(石橋凌)をはじめ、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)、浅井長政(金井浩人)といった武将があっさり死んでしまい、信長VS.義昭の攻防が一気にスルーされて……。とくに長政は、その死をナレーションのみで語...

【関連画像】

関連カテゴリー: