三田寛子激怒させた禁忌…中村芝翫の不倫相手は贔屓筋だった
画像を見る

「家の中はお通夜状態だそうですよ。芝翫さんは寛子さんとも子供たちとも最小限のことしかしゃべらない。だから『仕事のときのほうが気が楽だ……』とつぶやいていました」(歌舞伎関係者)

 

正月早々、『週刊文春』で不倫を報じられた中村芝翫(55)。記事によれば、23歳年下でアンジェリーナ・ジョリー似のFXトレーダー・Aさんと、昨年11月、京都ロケの最中に高級ホテルで3泊4日の密会をしていたという。

 

1月15日、妻・三田寛子(54)は隔週レギュラーを務める情報番組『ひるおび!』(TBS系)にリモート出演。夫の不倫報道後、初のメディア出演だったが、

 

「今日は小正月で小豆がゆを食べて厄払いして、無病息災を願いながら今年も一生懸命頑張ります」

 

と、笑顔で挨拶するも、夫の騒動について触れることはなかった。

 

「芝翫さんの不倫報道は4年前の京都・先斗町の人気芸妓に続き、これが2度目。4年前は中村芝翫襲名公演の直前で、寛子さんは報道陣を前に、『深く夫婦で反省しております』と深々と頭を下げました。これが“神対応”とされ、火消しは大成功に終わったんです。

 

実は当時、ドタバタのなかで襲名祝いに240万円もする特注の鏡台を贈っていたというのが、今回のAさんだったんです。贔屓筋でもあったAさんとの不倫報道を知り、寛子さんの憤りは相当なものでした」(後援会関係者)

 

次ページ >「前回は玄人さんだったけど…」

【関連画像】

関連カテゴリー: