倉田てつをに批判殺到…仮面ライダー利用の裏でまさかの放言
2月中旬、記者の直撃に答えた倉田 画像を見る

’87年放送の『仮面ライダーBLACK』と翌年に放送された『仮面ライダーBLACK RX』(毎日放送)で、主役を演じた倉田てつを(52)。彼が4月3日に17LIVEで配信した動画での発言が、ファンの間で物議を醸している。

 

奇しくも同日は、’71年に『仮面ライダー』が放送されて50周年にあたる記念日。歴代の出演者たちが、SNSなどで続々と祝福コメントを寄せている。さらにシリーズ作のリバイバル上映も予定され、白石和彌監督(46)のもと『仮面ライダーBLACK SUN』の制作も発表されたばかり。

 

倉田も祝辞を寄せるものと思われたが、そうではなかったようだ。

 

倉田は動画で、「俺は仮面ライダーの話は好きじゃないから」と一蹴。続けて、「50周年って言われてもね」「俺、仮面ライダーじゃねえし」などと述べた。そして最後は、「たまたま昔ライダーやってたっていうだけ」「仮面ライダーあんま好きじゃないから」と締めくくったのだ。

 

この“放言”にファンからは、「ガッカリした」と非難の声が続出している。

 

《倉田さん、何言ってるの? 仮面ライダー好きじゃないって? 信じてる人たくさんいるんだよ。もう幻滅した》
《内心思うのは勝手だけど、その発言を何故よりによって仮面ライダー生誕50周年という節目の年に投下するのか……その神経を疑う》
《失望して倉田てつをと彼が演じてるBLACKのファンをやめたわ》

次ページ >店には仮面ライダーBLACKの等身大フィギュアが

関連カテゴリー: