近藤真彦レースの道は継続 “二足のわらじ”の陰にあった葛藤
画像を見る

4月30日、近藤真彦(56)がジャニーズ事務所を同日付で退所したと発表された。

 

近藤は事務所公式サイトを通じて、《事務所との話し合いの結果、僕の新しい旅立ちを理解していただき、40年以上お世話になったジャニーズ事務所を退所させていただく事になりました》と報告。今後は、《自分の責任において芸能とレースの道を歩んでいきたい》とのこと。

 

’80年12月に『スニーカーぶる〜す』で歌手デビューした近藤。40年にわたり“長男”として活躍したが、’09年12月に本誌でその自覚をこう語っていた。

 

「ジャニーズ事務所の長男として、後輩たちからもいつまでもかっこよく見られる存在でいなきゃいけない、って意識でやっています」

 

いっぽう、近藤は’84年に自動車のオートレーサーとしてデビュー。以降、アイドルと並行して“二足のわらじ”で活動してきた。

 

次ページ >レーサー活動の陰にあった“葛藤”

【関連画像】

関連カテゴリー: