JAGUARさん“帰還=死亡”説の裏側…デイケア利用、車椅子生活だった
(写真:時事通信) 画像を見る

「以前はよくご利用いただいていたのですが、今年の春ごろからめっきり姿を見かけなくなって……。お会いできなくなってしまって残念です」

 

こう語るのはJAGUARさんがよく利用していたという千葉県市川市の飲食店店員。

 

ミュージシャンのJAGUARさんが“帰還”を発表してからまもなく2週間が経つ。これまで千葉県を代表するローカルタレントとミュージシャンとして活躍していたJAGUARさんだが、10月4日に所属事務所が突如、「令和3年、JAGUAR星人のJAGUARが、大好きな地球よりJAGUAR星に帰還いたしました」と発表。

 

事務所によると、今後もTwitterは継続し、完全な引退や活動休止ではないという。しかし、この発表がファンの間で波紋を広げているのだ。

 

「事務所は“帰還”の時期や理由についてJAGUARさんの意志により非公表としていて、帰還発表後に今どうしているのかが全くわからない状況。かつ“帰還”という含みのある言葉だったことからJAGUARさんが亡くなってしまったのでは? という“死亡説”も浮上しています。そんな状況でも明確なJAGUARさんの近況が明らかにされていないので、不安は日に日に高まるいっぽうです」(あるファン)

 

いったい、JAGUARさんは本当に星へ“帰還”してしまったのか? JAGUARさんの自宅近くの住人は、こう明かす。

 

「ニュースを見て、そういえば最近見かけないねって話してたんですよ。普段は普通のおじいちゃん。以前は自宅ビルの階段とか歩いていたけど、去年くらいから足が悪いのか車椅子でしたね。デイケアの車が送迎しているのは見ましたから。自宅には関係者の方が出入りしていますけど、ご本人の姿はずいぶん見ていません」

 

人知れず身体の不調を抱えながら活動を続けていたJAGUARさん。

 

やっぱり今回の“帰還”は……と思いきや、近隣の商店主は明るくこう語る。

 

「帰還ってニュースになったときに亡くなったのかと思いましたけど、この辺のお店とか関係先も多いですからそういうことになれば今ごろ大騒ぎになってますよ。もうおじいちゃんだから病院でゆっくりしているんだと思いますよ」

 

本日、一躍その名を全国に知らしめた番組『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)では、「ありがとうジャガーさんSP」が放送される。果たして、そこで“帰還”の真相は明かされるのか――。

出典元:

WEB女性自身

【関連画像】

関連カテゴリー: