7月25日、笑顔で直撃に応じた福原 画像を見る

元卓球日本代表の福原愛(34)。その昔は国民的“卓球アイドル”として“愛”されていた彼女だが、現在は真逆のイメージで溢れている。

 

始まりは昨年3月、女性セブンで友人と称する男性とのお泊りデートが報じられたことだった。福原は不倫疑惑を否定したが、わずか4カ月後には江宏傑氏(33)との離婚を発表。そして交際相手の男性も同年11月に離婚。現在、福原と男性は交際中だ。

 

さらに今月になってから、事態は新たな展開を迎えている。交際相手男性の元妻が福原を訴えたというのだ。

 

週刊文春によるとその内容は不貞行為に対する精神的苦痛として300万円、離婚に対する精神的苦痛として500万円、合計1100万円にものぼるという。一般的な不倫提訴の相場とはかけ離れた金額の訴えだが、こうしたセンセーショナルな金額に比例するかのように彼女のイメージも低下の一途をたどっている。

 

日本では「不倫」というだけで特に大きく報じられ、状況次第ではかなりのバッシングを受けるという流れが当たり前になりつつある。

 

そんななか、コラムニストのおおしまりえさんは「日本では海外よりも不倫によるイメージダウンは大きい。だがさらに、もう1つの問題が彼女に致命的なダメージを与えている」と話す。以下、その詳細を語ってもらったーー。

 

次ページ >不倫のイメージは海外と日本では違う

出典元:

WEB女性自身

関連カテゴリー: