image

 

「これほど自分を感じていただける作品はない」

 

そう語るのは、EXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典(27)。自身初となるフォトエッセイ『AZZURRO』(11月11日発売・幻冬舎)は、旅好きという彼の両親から薦められたイタリア北部のリゾート地・コモ湖で主に撮影された。彼はコモ湖をこう振り返る。

 

「親父とおふくろを魅了した地を自分の目で見たかった。安らぎをもらえて、年齢を重ねたときに帰ってきたいと思える場所だった」

 

エッセイでは、三代目のメンバーたちへあてたメッセージから、過去の恋愛についても初めて明かしている。

 

出演中のドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』(TBS系)では、初のサスペンスに挑戦し、新たな魅力を見せている岩田。広がる活躍の場が、彼をさらに成長させている。

関連タグ: