image

 

「ずっとこのままがいいなと思うときもあれば、世界が広がるだろうから早く大人になりたいという気持ちもあって。でも20歳になると無責任ではいられないだろうし、そういう部分では今のほうが自由かな。今はまだ“子供の意見”を言えると思っているんです」

 

10代最後の夏の心境をそう語る広瀬すず(19)。公開中のアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』ではヒロイン・及川なずなの声優を務める。クラスのマドンナ的存在で、大人びた中学生役を演じるにあたり、声の出し方には気をつけたという。

 

「ハスキーとまではいかないんですけど、瞬間瞬間、息を吐くことを意識してしゃべっています。でも不意に出る大きな声はつっぱってる声で、“かけおち”という言葉の言い方も子供っぽかったり。その差は意識しながらやりました」

 

劇中では、歌にも挑戦している。

 

「ふだんからカラオケや家で歌ったりするんですけど、得意じゃないんです(笑)。今回は歌を覚えるためにカラオケに行って、収録の前日もカラオケで練習しました」

 

何事も自分で決めて人に相談することがあまりない部分はなずなと共通していると語るが、その強さの半面、19歳らしい一面も。

 

「吐き出したいことは、母にだけは話します。2人でご飯に行って全部話して、はぁ~すっきりしたってなります(笑)」

 

“何度も繰り返される1日”が描かれる本作。もし時間を巻き戻せるならいつに戻りたい?

 

「2年前に撮っていた映画『ちはやふる』の現場に戻りたいです。公開しなくてもいいから、ずっとこの現場にいたいって思うくらい楽しかった。私生活でも2年前のほうがよく人と遊んでいたので、アクティブでパワーがあり余っていたそのころに戻りたいですね」

関連タグ: