image

 

「元奥さんと今の彼女のあいだで揺れるバツイチ男でしょう。最初、自分は(自分が演じた)利一をやれるほど成熟してないと思ったんです。でも、終わってみて“やってよかった”と思えたということは、自分の中でちょっとは肥やしになったのかなと思っています」

 

そう話すのは、映画『ミッドナイト・バス』(1月27日全国ロードショー)で主演を務める、お笑いトリオ・ネプチューンの原田泰造(47)。あくまでネプチューンが基盤、という思いはあるらしい。けれど、気がつけばさまざまな作品で味を出している。

 

『ミッドナイト・バス』で原田が演じるバツイチ中年男の利一は、新潟~東京間を走る長距離深夜バスの運転手。東京に住む恋人(小西真奈美)との再婚を考えていた矢先、自分が運転するバスに16年前に別れた妻・美雪(山本未來)が乗り合わせる――。監督は原田の映画デビュー・主演作『ジャンプ』を撮った竹下昌男監督だ。

 

「また新人に戻るような、背筋がピーンとなる感じはあったかもしれません。あとは、あれから13年たって、僕もこういう大人の恋の物語が演じられるようになったんだなあ、と」(原田・以下同)

 

現場では共演者に学ぶことも多いのだろうか?

 

「学びもあるけど、現場はとにかく楽しい。撮影前、相手が『こういうふうにしゃべるかなあ?』とか考えながら練習していきます。で、いざ現場でお芝居を合わせたときに自分の想像を超えていると、うれしいんです。僕自身は、監督が思い描いていたとおりにやりたいと思うタイプです」

 

20歳を超えた子を持つ利一。原田自身も子どもが2人いる。

 

「実は、上が男で下が女というのが同じだし、それぞれ演じた役者さんと年齢も一緒なんです。そういう意味では役に入りやすかった。それに、美雪って、利一の大学の後輩でしょ。うちの奥さんは居酒屋でアルバイトしていたときの後輩だったから、そこも似てるのかな(笑)」

 

実生活ではどんな父親なのだろう?

 

「僕ね、部屋から全く出ないの。ヨギボーっていう人間をダメにするクッションがあってね、それにずっと座ってる。1週間録画していた番組を見て、映画を見て。小説も、漫画も好きなので、家ですっごく忙しいよね。あと、ジムとサウナが好き。子どもの教育は奥さんにずっと任せっきりで。『お父さん』とも、『パパ』とも呼ばれていません。『タイちゃん』って。奥さんがボスで、僕が手下みたいな感じ。お風呂に入る順番も家族のなかで僕が最後(笑)」

 

奥さんにとってはどんな夫なのか?

 

「僕がご飯を食べるのが好きだから、『ご飯を作ってあげなきゃいけない』って思ってるんじゃないですかね。ちゃんとやってくれてます」

 

最後に、原田は俳優としての今後の目標をこう語る。

 

「いろいろな役に挑戦してみたいし、いろんな人と共演したいです。もともと西田敏行さんや武田鉄矢さんの作品を見て育ってきたから、ああいう泥臭い芝居ができる俳優になりたいです」