image

 

「お願いしまーす」と取材の際、記者のICレコーダーに向かってかわいすぎる挨拶をしてくれたのは映画『リズと青い鳥』(4月21日より全国ロードショー)で劇場版アニメ声優に初挑戦した本田望結(13)。演じたのは“リズ”と“少女”の2役だが、登場場面はこの2人の掛け合いだから驚きだ。

 

「掛け合いなので、そのままの私の声にすると、どっちがしゃべってるかわからなくなる。でも監督にはなんとなくの世界を作ってほしい、リズの色と少女の色を作らず、声もそんなに変えないでほしいと言われました。同じ声はダメだと思い、性格やテンションで表現しました。リズは大人っぽく、少女はやんちゃに。ある意味すごく難しかったですけど、とても楽しかった」(本田・以下同)

 

2役を演じた本田自身もフィギュアと女優、二足のわらじを履いている。

 

「もちろんトレーニングはきついですし、お芝居でたくさん怒られることもある。でも自分が頑張ったり、つらいことを乗り越えた先には絶対うれしいことがあると思うんです。だから私はうれしいこと、楽しいことしかなかったときがむしろ怖い。楽しい世界かつらい世界、どっちに行きたいか聞かれたら、つらい世界に行きたいですね」

 

13歳にして進んで試練に挑める本田。仮に乗り越えた先に楽しみがなくても、頑張れるという。

 

「楽しいことがないなら自分で作ればいい。たとえば私はご飯が好きだから、ご飯を食べるのも楽しいし、おしゃべりするのも楽しい。つらい世界での努力は報われると思うし、報われないことがあったとしても決して無駄にはならないので」

 

現場ではこんな楽しみを見つけていた。

 

「写真を撮るのが好きなんです。携帯でも撮るし、誕生日にお父さんがカメラをくれたので、現場で何げない景色を撮影しています。現像して保存もするし、加工して景色の色をガラッと変えるのも楽しいんですよ」

 

家でのマイブームは、なんと卓球だそう。

 

「伊藤美誠ちゃんとお姉ちゃんが仲よしで、美誠ちゃんの映像を見ていたら卓球にとても興味を持ち始めました。今は家に卓球台があるので、家族でよくやっています。気分転換に料理をするときもあります」