6月11日、与沢翼(35)が自身のTwitterアカウントでダイエットの開始を宣言。与沢は「お金至上主義を一度辞めて減量に専念致します」とし、その理由についてこう説明している。

 

「理由1、私の希望する保険の支払いが太い人は高いことが判明(億単位で) 2、妻に重い潰れちゃうと言われる」

 

与沢は14年5月と16年1月にもダイエットに挑戦しているが、断念。「ダイエットしたいと思ったことは1000回は優に超えていると思います」としつつ、「減量とは10億円を稼ぐよりも困難なことです」とも語っている。

 

しかし3度目の正直となる今回は、気合いが違う。翌12日には「筋トレに魂売ります」と宣言し、直後の投稿では体重計に乗る様子をアップ。思わず「90キロジャスト……」と嘆息したが「株式も為替も仮想通貨も相場チェック辞めました」「糖質も切ります」と減量へのブーストをかけている。

 

ゴールは明確ではないようだが「毎日の体重公開を辞めたり、体重が増え続けたり、体や顏に全く変化がないとなったら、この勝負はもう負けですね」と語る与沢。「有酸素運動はダルい」とのことで、「金稼ぐのと一緒で、シンプルに糖質カットタンパク質重視栄養素バランスよくしっかり寝て筋トレ週2-3のみでいきます!」とそのダイエット法を明かしている。

 

しかし筋トレ初日である13日、与沢は直後「死ぬ死ぬ。筋トレなめてた」「ツイートの手がガタガタする」と早速苦悶。「なんのこっちゃわからん」と言いつつ、BMIの数値32.2を公開すると「太いらしい」「動けなくなる前に気づいて良かったと思うことにする」とコメント。そして、こう自戒する。

 

「体が動くと思えるまで自分を認めない。甘ったれてここまで来てしまって本当にカスだと思った。自己正当化してた。えらそうに何も言えないんだな。やっとわかりました。すいません」

 

相当追い込んだのか与沢は、翌日の朝食を「グミ2つとプロテイン」と報告している。

 

15日には、「何でもそうだけど楽に痩せられるならダイエットは産業になっていない。お金稼ぐのも楽じゃないから稼ぐというテーマは産業になっている」と持論を展開。さらに今後の目標について「とりあえず6月30日を最初の目途にしている」とし、こう語っている。

 

「目標数値は出していない。体重目標出すと無理するから。お金稼ぐ時も私は数字の目標は出さない。おかしな無理をするため。とりあえず6月30日までまず全力でやってどんな変化が起きるかをみたい」

 

「結果でなければネット辞めて消えます」とも発言しているが―ー。はたして?