やたら見かけるあのCM……。“でも拡大鏡なんて高齢者のもの”と思っているあなた。じつは老眼に悩んでいなくても、すごく便利な拡大鏡。読書や手芸はもちろん、女性にはネイルをするときなどにもおすすめなのだ。

 

「本当に、世の中の文字は、小さすぎて読めない!」

 

渡辺謙が叫びながら書類を投げ、ハズキルーペの必要性を訴えたかと思うと、菊川怜がお尻で押しつぶして耐久性をアピールする。

 

いま、眼鏡型拡大鏡の「ハズキルーペ」のCMが話題を呼んでいる。ほかにも、舘ひろしと小泉孝太郎、そして産休明けの武井咲が登場するバージョンなど、豪華キャストが集まったCMが放映中だ。ハズキカンパニーの松村謙三会長は次のように語る。

 

「’15年8月には1万6,000だった取扱店舗数が、CMを打ち始めてから毎月増えていき、現在は有名デパート、眼鏡チェーンや家電量販店など約4万7,000店舗に広がりました。5,000本売れたらヒットと言われる眼鏡業界で、ハズキルーペのこれまでの販売数は、累計500万本を超えています」(松村会長・以下同)

 

一昔前なら、拡大鏡といえば、老眼によって近くのものが見えにくくなった“おじいちゃん、おばあちゃん”の持ち物というイメージだった。ハズキルーペの斬新なところは、菊川や武井などを起用して、広い世代にアピール。新たな需要を掘り起こしたところだ。

 

松村会長は、渡辺謙を起用したCMの裏話をこう明かす。

 

「当初、大手広告代理店に“怒り”をテーマにしたCMと注文したんです。ところが、プレゼンに出てきたのが、渡辺謙さん扮するお殿様に、ザビエルみたいな宣教師が、座布団の上にのせたハズキルーペを献上するという内容で(笑)。全然“怒り”になっていないと、新たに作り替えを指示しました。でも、それも従来のスタイルから変わっていなくて、仕方なく私がセリフもすべて書き換えました」

 

宣伝広告費に100億円以上を投じたというが、これだけお金をかけるのは、松村会長が商品にニーズがあると確信していたからだ。

 

「タカラトミーから買収した5社のうち1社が30年前から販売していたものを、富士通から買収した神田通信工業でデザイン、レンズを改良しました。それを10年前からハズキルーペとして販売を開始しました」

 

その後も軽量化、強度化(耐荷重100キロ)、カラーバリエーション(8色)を増やすなど改良を重ねて、大ヒットにつながった。

 

「独創的なマーケティング力と、大量生産技術を確立したからこそ、今があるのだと思います。来年からのCMもすごい人が出るので、楽しみにしてください」

 

ハズキルーペの躍進は止まらない!?