今年、結成30周年を迎えた爆笑問題。本誌が初めて2人を取材したのはベストセラー『爆笑問題の日本原論』が出版された、’97年だった。そこで、30年を振り返ってもらうと、やっぱり得意の時事ネタがさく裂して……!?

 

田中裕二(53・以下、田中)「『女性自身』は60年! 還暦だ」

 

太田光(53・以下、太田)「老舗だよね。女の人の噂好きは許せるけど、男の噂好きほどみっともないのはないね。女性週刊誌は美容室には欠かせないから、美容室があるかぎり、『女性自身』は不滅だね」

 

■人生半分以上爆笑問題……30周年は「実感がない」

 

田中「人生の半分以上が爆笑問題ですからね。あっという間に過ぎちゃって、実感がないというか」

 

太田「最初はライブハウスから始まって。僕らはお笑いのエリートではなかったので、テレビにラジオ、漫才、コントをやったり、本も出したり、たくさんのことをやってきて、その分いろいろな経験ができたな、と思います」

 

――本誌初登場は’97年でした。『ボキャ天』(『ボキャブラ天国』)ブーム真っただ中でしたよね。

 

田中「ネプチューンや海砂利水魚(現・くりぃむしちゅー)よりも、僕らは年齢も芸歴も5個くらい年上で。このへんで世の中的に認知されて、仕事が一気に増えた。みんな若かったし、楽しい時期でした」

 

太田「当時はブームってそんな感覚はなかったな。漫才ブームはこんな規模じゃなかった。でもこいつ(田中)とか勘違いしちゃって、ボキャブラメンバーで営業へ行くと何万人と集まるから、わざとファンの前でキャッチボールなんかして。『調子に乗るなよ』って叱りました」

 

田中「覚えてない(笑)」

 

――’00年にはレギュラーが10本。本誌も密着しています。

 

田中「あのころはレギュラー番組をほぼ全局でやっていたんですよ」

 

太田「ほとんど休みなしで。『サンデージャポン』の枠でやってた『ゲスト10』(『大好き!東京ゲスト10』)は隠れた名作。デヴィ夫人に高田純次さんもいて、えなりかずきに井森(美幸)とか、相当輩出してますよ」

 

■光代社長と何度も怒鳴り合いに

 

――プラチナ夫婦アワードも受賞されているんですよね。ご夫婦の授賞式に田中さんもいらしてて。

 

田中「2人が出るときは俺が必ずなぜか呼ばれるんですよ。社長も照れくさいのかわからないけど」

 

太田「俺だってお前の記者会見で散々やらされているんだよ。なんだよ、お前」

 

――光代さんには、先月辻仁成さんと対談していただきました。光代さんは「離婚も考えてた」と辻さんに相談していましたが……。

 

太田「辻さんのほうがいろいろ大変だと思うけど」

 

田中「ふふふ」

 

太田「夫婦というのは、それぞれのねぇ」

 

田中「俺も社長と怒鳴り合いのケンカを何十回したか」

 

太田「俺より多いよな」

 

田中「酔っ払ってわけわからないことを言うからカチンと来て」

 

太田「僕は怒鳴り合いはしませんよ。僕はじぃっと貝のようにしていますから」

 

■爆チュー問題で憧れの子ども番組に

 

――社長に支えられながら迎えた30周年。記念ライブ最後の「爆チュー問題」は盛り上がりましたね。

 

太田「『ポンキッキーズ』から話がきたときに、社長は『太田はやらないかも』と思っていたんですよ。でも実は僕は『セサミストリート』とか『ピーナッツ』が、子ども向けだけどすごく哲学的で大好き。子ども向け番組はコメディアンとして、すごくやってみたかった」

 

田中「うちの子どもも、見せると食いつく。時代を超えるんだなと」

 

太田「爆チュー問題は『だんご三兄弟』を作詞した佐藤雅彦さんが作ってくれたり、いろんな人のアイデアが詰まってるからすごく愛着があって。細々と続けていけたらなと思っていますけど、フジテレビがわれわれには冷たくて」

 

田中「(笑)」

 

太田「『ポンキッキーズ』ではガチャピンが大御所みたいになってるんです。ガチャピンの機嫌を損ねると……」

 

田中「機嫌とか関係ねぇから」

 

太田「いつも顔色をうかがいながら」

 

田中「常に緑だよ!」

 

太田「『ちびまる子ちゃん』のエンディングが爆チュー問題で、それで覚えてくれた人もいて、本当にありがたかった。さくらももこ先生も気に入ってくださって、亡くなる間際に『爆チュー問題だけは』って……」

 

田中「言ってねぇよそんなの。やめなさいよ。しゃれにならないよ」

 

■純粋に、シンプルにお笑いを!

 

――今後の野望は、ありますか?

 

田中「お笑いに特化した番組がやりたいですね。今、純粋なお笑い番組がなかなかないでしょ」

 

太田「蛇女や、素人一発芸のゴングショーとか。シンプルなものが面白い。あとは世界中の祭りを紹介したい。ほかがやってないから」

 

田中「何言ってんだよ! やりすぎたんだよ」

 

太田「あの枠が早く空かないかな」

 

田中「空かねぇよ!」

 

太田「BPO(放送倫理・番組向上機構)に頑張ってもらって。狙ってますね、あの枠を完全に」

 

田中「プライベートでは毎日子どもの世話で奥さんも大変なので、旅行にでも行きたいですかね。暖かいところに」

 

太田「お前はどんだけ旅行に行けば……」

 

田中「そんなに行ってねぇわ」

 

太田「俺はプライベートでは豊洲に行きたい」

 

田中「行けばいいじゃない。いつでも行けるだろ」